脚脱毛は“足全体”を脱毛エステで行え!その理由とサロン価格比較

脚脱毛をするなら“足全体”を「脱毛エステ」で行うべし。それはなぜ?
ひざ下の脱毛を考えている女性のみなさん、せっかく脚脱毛を行うなら足全体を脱毛しませんか?

脱毛を行うと、今思っている以上に肌がツルツルに美しくなります。

ひざ上のムダ毛がほぼ無く、自己処理が全く必要ないくらいなら脱毛を行う必要はありませんが、薄いけど自己処理が必要な程度にはムダ毛があるのなら、足全体を脱毛することを強くオススメします。

脚脱毛の方法や、価格、脱毛にかかる期間など基本的なことから、脚脱毛に足全体をオススメする理由をご紹介します。

もくじ

ひざ下脱毛ではなく脚脱毛をオススメする理由

最初に、ひざ下の脱毛ではなく脚脱毛を強くオススメする理由をお話しします。

脚脱毛をやりたいけど、予算の都合でひざ下だけ・・・と思っている方、絶対に脚全体脱毛をやりましょう

脱毛エステの脚脱毛の価格は後ほど詳しくお話しますが、超大手脱毛サロンのミュゼプラチナムだと96,000円(※2015.12月現在)になります。

この金額を高いと思うのか、この価格だけで一生モノのツルスベ足を手に入れられるなんて安い!と思うのか、それはお財布事情次第ですが、わたしはとてもお安いと思います。
しかし、ひざ下脱毛ではなく足全体の脱毛をおすすめする理由は価格の面だけではありません。

脚脱毛にかかる期間は1年~3年以上

ミュゼプラチナムの脚脱毛料金「96,000円」の内訳をご紹介すると、

・ひざ上:36,000円(6回)
・ひざ下:36,000円(6回)
・ひざこぞう:24,000円(8回)
・足指&足の甲:24,000円(8回)

(※2016年11月現在)
ミュゼの脚脱毛はだいたいこんな感じです。

上記のミュゼの脚脱毛の内訳を見てわかるように、足脱毛といってもパーツは4か所に分かれるのです。

脱毛には、最低でも1年という期間がかかってしまいます。
しかも、1年で自己処理が要らないくらいまで脱毛できる人は毛量が少ない人だと思います。

もしひざ下脱毛だけを行って、その後やっぱりひざ上とひざこぞうも脱毛するとしたら更に1年かかり、足指も…となるとここから1年の計3年かかることになってしまいます。

よほど毛量が少ない人やひざ上の自己処理を全く行っていない人でない限り、ひざ下を脱毛すると必ずひざ上も脱毛したくなるものです。

今ムダ毛が気になっている部位は、将来的にも必ずムダ毛が気になってしまいます。
そのため、最初から足全体の脱毛を行うことをオススメしたいのです。

今最も主流な足脱毛は脱毛エステサロンで

ery3ty3y
足脱毛を行う方法は主に3つあります。
ひとつは脱毛サロン、そしてクリニック、最後が家庭用脱毛器での脚脱毛です。
クリニックでも家庭用脱毛器でも脚脱毛することは可能ですが、わたしのオススメは脱毛エステサロンでの足脱毛です。
なぜ脚脱毛には脱毛エステが良いのか、その理由をお話します。

クリニックの足脱毛は価格に問題がある

脚脱毛のためなら、お金をいくら使ってもかまわない!という方にとっては問題ないことですが、なるべく安く脚脱毛したい方にとってはお財布事情は重要ですよね。

もちろん、足だけではありませんが、クリニックの脱毛は永久脱毛と呼ばれるもので、脱毛した部位のムダ毛に再び悩まされることはありません。

安心度は高いですが、その分価格がお高いのが残念なところ。

クリニック脱毛で足全体の脱毛とひざ下脱毛にかかるお値段をご参考までにご紹介しますね。

湘南美容外科クリニックの脚脱毛価格

湘南美容外科クリニックの場合、ヒザ下脱毛にかかる費用は1回で17,410円です。
脱毛は1回で終わるものではないので、湘南美容外科クリニックにも6回コースが用意されています。価格は81,000円。

ヒザ下(Lパーツ6回)・・・81,000円
ヒザ上(Lパーツ6回)・・・81,000円
膝小僧(Sパーツ6回)・・・28,750円

足全体を6回脱毛すると190,750円になります。高っ!
※2016年11月現在

クリニックのレーザー脱毛で6回施術を受ければ、毛量が少ない方でしたら満足のいく結果になると思いますが、毛量が普通~多めの方はもう少し照射しないと足りないと思います。

コース回数は、この回数をこなせば必ずムダ毛が無くなることを保証されているわけではないのです。

次に、脱毛サロンの脚脱毛価格をご紹介しますね。

湘南美容外科クリニックの脚脱毛190,750円に対して・・・

家庭用脱毛器での脚脱毛は可能か?

ケノンやトリアなど家庭用脱毛器で脚脱毛を行うことはできます。
足や腕など、自分でしっかり見える部位はセルフ脱毛しやすい部位だと思います。

しかし、ワキなどを光脱毛した経験がある方なら大丈夫だと思いますが、エステで光脱毛を行ったことがない方が、初めての脱毛に家庭用脱毛器を使用するのはあまりオススメしません

家庭用脱毛器は、自分で光の強さを調節しなければいけません。
光の強さが弱すぎると効果が期待できませんし、強すぎると肌を傷めてしまいます。
このバランスがとても絶妙で難しいのです。

わたしは脱毛エステを経験して、自分でもできると思ったので家庭用脱毛器を購入しましたが、それでも何度か失敗しています。

これぐらいの強さなら大丈夫かな?と思って顔脱毛をしたのですが、その翌日、顔全体(特に鼻下と頬)が真っ赤になって湿疹がぶわぁ~っとできてしまったのです。

すごくビックリして、行きつけの皮膚科で診察してもらったところ、脱毛器の刺激が強すぎたことと、脱毛した後に太陽の光に当たったことが原因だったようです。

照射しているときにはほとんど痛みが無かったので、本当にビックリしてしまいました。
肌が強い方ならそこまで神経質にならなくても大丈夫かと思いますが、敏感肌さんが家庭用脱毛器を使う場合は十分に注意をしてくださいね。

不安があるなら、家庭用脱毛器の使用はやめておきましょう。

ひざ下脱毛と足全体の脱毛、どちらを選ぶべきか?

ムダ毛がとても少なくて、太ももの自己処理を普段から行っていないならひざ下脱毛だけでも大丈夫ですが、これから先、一生ムダ毛との付き合いからサヨナラしたいなら、迷わず足全体の脱毛を行うべきです。

自分の腕の内側を見てみてください。

ムダ毛が無くてキメの細かい美しい肌なのではないでしょうか?
もともとムダ毛が無い部位はこのような美しい肌をしています。

ひざ下の脱毛を行うと、ひざ下も美しい肌になります。
毛穴も目立たない、黒ずみやザラザラの無い澄んだ肌になるんです。

ひざから下がこれくらい綺麗な肌になると想定したときに、太ももから上が今までどおりの肌だったら悲しくなるのではないでしょうか?

繰り返しになりますが、脱毛していなくてもひざ上の自己処理が要らないなら、ひざ下だけの脱毛で大丈夫ですが、普段からひざ上もシェービングを行っているなら思い切って足全体の脱毛を行いましょう。

少々お金がかかってしまいますが、満足度の高い脱毛になること間違いなしです。

足の指、足の甲の脱毛は行うべき?

こちらも考え方は同じで、普段から自己処理をやっているなら脱毛してしまいましょう。
デートのときに、ひざ下は完璧なのに、足の指のムダ毛を指摘されたらイヤですよね?

ただし、足の指、足の甲、ひざこぞうのように皮膚のすぐ下に骨がある部位のムダ毛は、光脱毛でもとても抜けにくいと言われています。

2年間しっかり脱毛しても、処理しきれないこともあります。

脱毛エステの光脱毛器は、黒いムダ毛に反応するように作られているのですが、白い骨に近いところは骨に光が反射して反応しにくいのだそうです。
そのため、骨に近いところのムダ毛は抜けにくいのです。

一般的にフラッシュ脱毛器が反応しにくいと言われている部位は、足の指、足の甲、ひざこぞう、手の指、ひじ、くるぶし周辺、そして身体全体の産毛です。

脱毛サロンのカウンセリングでもしっかり説明があると思いますが、これらの部位は、時間をかけても抜けにくいことを頭に入れておきましょう。

脚脱毛をしたら、これから先の自己処理は不要になるの?

まだ脚脱毛をしていない女性にとって気になることは、
本当に脚のムダ毛がなくなるのか?
本当に足のムダ毛の自己処理が要らなくなるのか?
ということだと思います。

わたしは脱毛エステで2年かけて脚脱毛を行い、脱毛を終えてから6年ほど経っています

脱毛前、脱毛中、脱毛後の経験談を交えつつ、脱毛前に不安に感じていたことが今現在どうなのか?
ということをお話していきたいと思います。

脚脱毛したら自己処理は要らなくなるの?

脚脱毛したら自己処理は要らなくなるの?
脱毛前は、毎日足全体をシェービングしていました。

毛量は普通程度だったと思うのですが、足にムダ毛があることがとてもイヤだったので、毎日ツルツルを目指して処理していたんです。

脚脱毛中の2年間も気になったらシェービングを行っていました。

エステティシャンにシェービングを行っても良いのか確認したところ、むしろ、脱毛中はしっかり自己処理してくださいと言われました。

シェービングしてムダ毛をしっかり太く育てた方が、光脱毛器の反応が良いのだそうです。

脱毛サロンを卒業した今は、数ヶ月に1度くらい安全カミソリをピッと当てています。
電気シェーバーを使うほどでもないんです。

当てている部位は両足のひざこぞう1cm四方に残っている数本と、くるぶしに生えている1本だけです。

家庭用脱毛器を購入してからは、安全カミソリで処理して家庭用脱毛器を当てている感じです。

もうしばらく家庭用脱毛器を継続したら、脚のムダ毛の自己処理が完全に要らなくなるのでは?と思っています。

わたしは家庭用脱毛器で顔脱毛もやりたかったので脱毛器を購入しましたが、ひざこぞうとくるぶしのムダ毛は、本当によく見ないとわからないものなので、処理したいムダ毛がこれだけだったら家庭用脱毛器は購入していないと思います。
脱毛するとそれくらいムダ毛との付き合いがなくなります。

足脱毛期間中の様子

脱毛サロンで脚脱毛を行う場合、1年~2年程度の期間が必要になります。
この期間の脚のムダ毛の様子をお話します。

まず、1回目の脱毛を終えて1週間後に感動が訪れます。
ムダ毛がスルッと抜け出すんです

光を照射した部位のムダ毛は1週間~2週間で全て抜け落ちて、この快適な状態が2週間~3週間続きますが、再び脱毛前と同じくらいの量のムダ毛が生えてきます。

この毛は今まで眠っていたムダ毛で、脱毛して抜けた毛とは違うものになります。

知識を持たずに脱毛を始めてしまった方がよく

「脱毛したのにまた生えてきた!」
「エステ脱毛はやっぱり効果がない!」

と言いますが、おそらくこの段階のことを言っているのだと思います。
脱毛は1回で終わるものではないことは頭に入れておきましょうね。

脚脱毛2回目~4回目程度の様子

光照射後1週間程度で抜け落ちが始まるのは1回目と同じですが、生えてくる毛量が変わってきます。

2回目までは最初と同じくらいの量が生えてくるのでとまどいを感じると思いますが、しっかり抜けてから生えてきたなら安心して大丈夫です。

3回目くらいでちょっと減ってきたかな?と感じ始めます。
4回目照射後の毛量は脱毛前とは明らかに違うはずです。
しかし、自己処理要らずになるにはまだまだ時間がかかります。
8回コースで契約した方はようやくここが折り返しラインですね。

脚脱毛5回目~6回目の様子

6回コースで契約しているなら、5回目が終わる頃に今後の方針を考え始める必要があります。
6回目が終わってもムダ毛が残りそうかどうかエステティシャンに聞いてみましょう。

この頃になると自己処理の頻度は劇的に減っているはずです。

脚脱毛7回目~8回目

この頃になると自己処理はもうほとんど要りません。
肌が整ってきて、キメがアップしていると思います。
シェービングを何日もサボっても問題ありません。当日温泉やお泊りデートに誘われてもへっちゃらです。

人によっては8回の脱毛が終わってもまだムダ毛が残っていることがあります。
大量に残っているなら脱毛を継続すれば良いと思いますが、微妙な量が残っているときはどうすれば良いのでしょうか?

満足に抜けなかったらどうすれば良い?

脱毛エステのコース回数が終わったあとでもムダ毛が残っているようなら、取るべき手段は4つあります。
ひとつずつご紹介しますね。

1.回数を増やして追加脱毛する

6回コースが終わってもムダ毛が残っているようなら4回コースで再契約するなど、回数を増やすことが最も一般的です。

契約回数が終わりそうな頃にエステティシャンに相談すると、あと何回脱毛すれば満足できる結果になるか教えてもらえます。

また、脱毛サロンに再び通うとしても、ワンショット500円など必要な箇所に必要な回数を照射してもらうことも可能なので、何万円もかけて再契約する必要がないこともあります。

2.他の脱毛サロンを探す

新規限定のキャンペーンなどを利用すると、現在通っている脱毛サロンで再契約するよりも、新たな脱毛サロンを探して契約した方が費用を抑えられる場合もあります。
面倒でなければ他の脱毛サロンを1度探してみることをオススメします。
脱毛ラボなど、単発脱毛を行っているサロンの価格もチェックしましょう。

3.家庭用脱毛器を購入する

わたしはこのパターンでした。
脱毛エステに通えばもっと効果的な脱毛ができることはわかっているのですが、たった数本のために再びエステ通いするのが面倒だったので、家庭用脱毛器をチョイスしました。

脱毛サロンを卒業して数年後、ひざこぞうにチラホラムダ毛が生えてきてしまいました。
自分でよく見ないと分からない程度なのですが、顔脱毛も兼ねて家庭用脱毛器を購入しました。

家庭用脱毛器は、脱毛エステほど効果が高くありませんが、自分のペースで好きなときにピッピッと光を当てることができるので、自己処理感覚でムダ毛処理を行うことができます。

脱毛エステでしっかり処理した後に脱毛器を購入して、ゆるいペースで処理する女性は少なくないようですよ。

4.自己処理シェービングでがんばる

脱毛エステに6回~8回以上通ったあとに生えてくるムダ毛はとても細く、本数もそこまで多くありません。

脱毛前と比較すると自己処理の負担は10分の1以下に減っていると言っても良いくらいなので、残ってしまったムダ毛処理は自己処理で済ませている女性も多くいます。

お金のかからない良い方法だと思いますが、ひとつだけ気をつけていただきたいことがあります。

あまりにもムダ毛が目立たないので、ムダ毛が長く伸びてくるまで気がつかないことがあるんです。

そのため、人から指摘されて初めて気がつく…ということもあります。
彼から「ひざこぞうにすっごい長い毛が生えてるよ!」と言われたら恥ずかしくないですか?

決してありえないことではないので、自己処理派の人は毎日チェックしましょうね。
それが面倒だったら、再び脱毛することを検討しましょう。

脚脱毛にかかる脱毛費用・価格を比較

脱毛サロンで脚脱毛を行うには、いくらぐらい予算を見ておけば良いのでしょうか?

※2016年4月現在

ミュゼプラチナムの脚脱毛価格

ミュゼプラチナムでは、Lパーツ脱毛が6回で36,000円。
Sパーツ脱毛が4回で12,000円になります。

ひざ下、ひざ上がそれぞれ36,000円で、ひざこぞうと足指&甲がそれぞれ12,000円。
合計96,000円になります。

しかし、ミュゼではキャンペーンを頻繁になっています。
たとえば、50%OFFキャンペーンの場合、

96,000円⇒48,000円になります。

銀座カラーの脚脱毛価格

銀座カラーには「足全セット」という両ひざ上・両ひざ下・両ひざ・両足の甲・両足の指脱毛がセットになったプランがあります。
価格は月額7,300円で脱毛し放題。。

ただ、銀座カラーの場合は全身脱毛をおすすめします。

脚脱毛7,300円に対して、新・全身脱毛コース脱毛し放題は月々9,900円なので、絶対に全身脱毛がお得でしょう。

(2016.4月現在)

他の箇所の脱毛も検討している方は銀座カラーの全身脱毛を検討しましょう。

エピレの脚脱毛

エピレの脱毛もLパーツ料金とSパーツ料金に分かれていて、ひざ上・ひざ下はLパーツ、ひざこぞう・足指&甲はSパーツになります。

単価はLパーツが6回で26,400円。Sパーツが6回で13,500円です。
足全体を合計すると79,800円になります。

エステティックTBCの脚脱毛

TBCの脱毛は、正直に申し上げて激安とは言えません。
ただ、TBCでしかできない確実性の高い脱毛を行うことができますので、体験に行かれることをオススメします。

TBCにはライト脱毛スーパー脱毛という2種類の脱毛法があります。
ライト脱毛は光脱毛、スーパー脱毛は毛根に細い針を入れて電気を通す針脱毛になります。
針脱毛を行うとムダ毛はその場で抜け落ち、再び生えてくることはありません。

確実な脱毛ができるスーパー脱毛ですが、頭に入れておかなければならないマイナスポイントがふたつあります。

ムダ毛を1本1本処理するので時間がかかってしまうこと、そして料金がお高いことです。
脚脱毛の価格は1本130円になります。足全体をスーパー脱毛で処理しようと思ったらとんでもないお値段になってしまいますよね!

そこでTBCでは、ライト脱毛とスーパー脱毛を組み合わせた脱毛を推奨していて、2つの脱毛を体験できるお試しキャンペーンを行っています。
価格はなんと1,000円!!

両ひざ、両ひざ下、両ひざ上のいずれかを一ヶ所選んで、TBCスーパー脱毛を40本、ライト脱毛を1部位に照射してもらえます。

たったの1,000円でTBC脱毛が体験できるのは本当にお得ですし、スーパー脱毛のデメリットをライト脱毛でカバーすることができるので、この脱毛法は素晴らしいものと言えます。

足を運ぶ価値のある脱毛体験のひとつですよ!

⇒TBC全身脱毛の口コミ・効果・料金・他サロンとの比較

※各脱毛サロンの料金は変更になっている可能性があります。必ず公式サイトでご確認ください。

脚脱毛の平均価格帯

大手脱毛サロンの価格をチェックすると70,000円~100,000円くらいが平均なのかな?という印象です。

この価格を参考に、ご自宅の近くや職場の近くの脱毛サロンを探してみて下さいね。
また、個人店やその地域にしかない脱毛サロンでも脚脱毛キャンペーンを行っている場合があります。

わたしが脚脱毛を行ったサロンもそういうお店だったのですが、ワキ脱毛をプレゼントしてくれたり、Vライン(上)をおまけしてくれたりと、大手に負けないサービスを行ってくれましたよ。

どうしても大手の広告が目だってしまいますが、ご近所の地域密着型脱毛サロンにも注目してみてくださいね。

脚脱毛費用の支払い方法

冒頭で、ひざ下脱毛よりも足全体の脱毛をオススメしますというお話をしましたが、問題は費用ですよね。

脱毛サロンの支払い方法は主に5つあります。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、ご自分のライフスタイルと照らし合わせて選んでください。

1.従来どおりのローン

脱毛サロンが提携しているローン会社を使って、分割払いする仕組みです。
何年も前から行われている安全な方法ですが、支払い回数が多くなると手数料がかかってしまうのが難点です。

最近の脱毛サロンでは、独自のローンを廃止してクレジットカード払いのみを取扱っているところも増えています。

2.クレジットカード払い

クレジットカードに対応している脱毛サロンは多くあります。
ミュゼプラチナム、エステティックTBC、銀座カラー、エピレなどの大手脱毛サロンは各種クレジットカード払いが可能です。

クレジットカード払いの利点は、1度支払い回数を決めてしまったあとでもお財布の都合でリボ払いに変更可能なところ。

クレジットカード独自のマイルやポイントも貯まりますので、安定した収入があって分割払いに抵抗が無いなら最もオススメの支払い方法です。

3.都度払い

脱毛ラボなどが取り入れている支払い方法です。
その日脱毛した分だけを現金で支払うことができるので、分割払いをせずに堅実にお金を管理したい方に最適です。

ただし、単発脱毛の価格はコースよりも割高になりますので、トータルで考えると賢い支払い方法とは言えません。

4.現金一括払い

いちばん安心度が高い支払い方法ですが、現金一括払いの場合、今使っても良いお金の分だけしか脱毛することができません。

当たり前のことといえば当たり前なのですが、せっかく分割払いシステムがあるのですから活用しても良いのではないでしょうか?

現金払いにこだわって、ひざ下、ひざ上、ひざこぞうと足指&足の甲・・・と部分脱毛を繰り返してしまうと、時間ばかりがかかってしまうことに。

5.月額制

今もっとも利用者が増えてきている支払い方法です。
ローンを組むと分割手数料がかかってしまいますが、月額制でしたら毎月数千円を支払うだけでOK。手数料などは一切かかりません。

習い事のお月謝のような感覚で気軽に利用できる支払い方法ですが、月額制は全身脱毛しか対応していない脱毛サロンもあります。

番外編:後払い

シースリーという脱毛サロンが行っている支払い方法です。
契約した8ヵ月後に一括払い、8ヵ月後と14ヵ月後に2回に分けて支払う方法を選択できます。

手数料などは一切かかりません。
脱毛貯金してから支払いたい方向けですね。

脚脱毛ならどの支払い方法を選ぶべき?

クレジットカード払いに抵抗が無いようでしたら、カード払いが現実的だと思います。
カード払いでしたら明細を見れば支払い残金などが一目瞭然で分かりますし、万が一、支払いが厳しくなってしまったらリボ払いに変更すれば月々の支払い金額を抑えることができます。

もし、楽天スーパーポイントを活用しているようでしたらミュゼプラチナムがオススメ。ミュゼならRポイントカードが使えるんです。

ミュゼで支払うポイントは100円で1ポイント貯まり、1ポイント1円として使うことが可能です。

脱毛にかかる支払いも、生活の潤いに活用しちゃいましょう!

脚脱毛をエステサロンで行う場合の注意点

脚脱毛をエステサロンで行う場合の注意点
おそらく、どこの脱毛サロンに行っても初夏~秋にかけては予約が取りにくいと思います。
足のようにスカートから見える部位は夏場の人気が高いんです。

脚脱毛のスタート時期は、秋!タイツで足をオシャレに隠せるくらいの気候になったら始め時です。

脱毛は毛周期にそって行いますので、多くても2ヶ月に1度程度しか処理することができません。

10月に1度目の脱毛を行ったとしたら、次に施術できるのは12月~翌年の1月です。もっと頻繁に通って早くツルスベになりたい!と思うところですが、これくらい期間を空けないと脱毛効果が弱まってしまうんです。

カレンダーを想像しなから考えると1日でも早く1回目の脱毛を終わらせて、次回予約を取っておきたいと思いませんか?

脱毛は無料カウンセリング予約から始まります。
次に、カウンセリングについてお話します。

緊張?脚脱毛のカウンセリングで行われること

どの脱毛サロンでもカウンセリングは無料で行われます。カウンセリングだけ受けて、契約せずに退店してももちろんOKです。
カウンセリングで主に説明される内容は

★脱毛の仕組み(毛周期のおはなしなど)
⇒毛周期と脱毛の仕組み
★脱毛サロンのルール(キャンセルや遅刻のペナルティなど)
★肌のチェック

などです。
脱毛の仕組みと脱毛サロンのルールは、ただ聞いていればOKです。もしわからないことがあったら納得できるまで質問しましょうね。

肌のチェックは問診スタイルのこともありますが、足をエステティシャンが実際に見る場合もあります。

この時に足が乾燥しすぎているとちょっと面倒です。
肌が乾燥していると脱毛を断られる場合があるのです。安全意識の高い脱毛サロンほどこの傾向が強いです。

脱毛サロンは、日焼けと乾燥を嫌います。
夏場の日焼けや冬場のエアコンによる乾燥で、本当にアッサリと施術してもらえないことがあるので気をつけて下さいね。

ひざ下は特に乾燥しやすい部位なので、カウンセリングに行く日が決まったらその日までに十分な保湿を行っておきましょう。

カサカサで粉をふいている状態でカウンセリングに向うことだけは避けましょう。
エステティシャンの肌はとーっても美しいので、恥ずかしい思いをしてしまいますよ!

カウンセリングは何店舗行くべき?

数年前まで料金を明確にしていない脱毛サロンも多くありましたが、最近は口コミサイトもたくさんありますし、公式サイトを見ればだいたいの料金がわかります。

たまに店舗来店者だけに適用されるキャンペーンを行っていることもありますが、大手サロンの脱毛料金はこれ以上下がらないと言って良いくらい安くなっていますので、価格の面ではサイトに記載されている料金より安くなることはあまり無いと思います。

ただ、お店の雰囲気やエステティシャンの人間性は実際に行ってみないとわからないものですので、少なくとも2つの店舗に足を運んで比較してみることが重要だと思います。

先ほどご紹介したとおり、脚脱毛にかかる費用自体はどの脱毛サロンも大差ありません。
あとは通い安さやエステティシャンとの相性で決めてOKです。
少なくとも2ヶ月から3ヶ月に1度、1年間~3年間は通い続ける場所になりますので、ご自分が気持ち良く通えそうな脱毛サロンを選んで下さいね。

※当ページに掲載されているクリニックやエステの脱毛料金やプランは2014年10月現在の情報です。詳しい情報は必ず公式サイトでご確認ください。

PAGETOP