キャビテーションは痩身効果なし?痛み・料金は?徹底解説

キャビテーションとは?キャビテーションの効果や回数、施術時間、痛みや副作用、キャビテーションの料金相場やおすすめのエステサロン、家庭用キャビテーション、注意点などの紹介をします。


もくじ

エステで行うキャビテーションとは?

そもそも“キャビテーション”とは、「液体の運動によって、液中が局部的に低圧となって真空の気泡が生じる現象」のことを表す物理学の言葉です。

この現象を超音波で発生させる美容マシンを使った痩身法が、いわゆるエステで行われる“キャビテーション痩身法”です。

日本では2013年頃から導入された、比較的新しい施術法となります。

キャビテーションの効果

「超音波で気泡を発生したからといって、どうして痩せるの?」と思う人もいると思いますので、キャビテーション痩身法の仕組みからご紹介します。

皮膚内部のことなので、わかりにくいという場合は、めがね屋さん等に置いてあるような、超音波洗浄機をイメージしてみてください。

スイッチを入れると、水面が振動し水中に気泡が生じる・・・あの現象が物理学で言うところの“キャビテーション”です。

さて、話をエステに戻しましょう。
キャビテーションマシンの先端にある、プローブと呼ばれるお肌に直接触れる部分からは、超音波が発生しています。

これをお肌に当てると、肌の奥にある脂肪細胞を1秒間に3万回以上震わせて、脂肪細胞の内部に気泡を発生させます。この気泡はだんだん大きくなり、あるところで弾けて壊れます。

その衝撃によって気泡の周囲を包んでいた脂肪細胞が破壊されます。
破壊された脂肪細胞は乳化して溶けてしまうので、その結果、脂肪細胞の数が減少し、痩身につながるという仕組みです。

その効果は「メスのいらない脂肪吸引」とも呼ばれ、個人差はあるものの、1回目の施術後から、脂肪がやわらかくなったと実感する人が多いです。

キャビテーションの施術時間と効果がでるまでの回数

キャビテーションを含むメニューはエステサロンごとに様々です。
30分で完了するコースもあれば、キャビテーション後のリンパマッサージなどを含めて120分コースもあります。

いずれのコースでも、実際にキャビテーションのマシンを使う時間は、実質15分から20分程度というのが平均的です。

週1回、トータルで6回ほど施術に通うと、「細くなった」とはっきりと実感できる人が多いようです。

破壊した脂肪を体外へ排出するのを促すと、キャビテーションの効果を最大限に活かせると言われており、具体的には、リンパマッサージや有酸素運動を日常的に行うことが有効です。

キャビテーションの痛みについて

従来のエステでの痩身法は、脂肪やセルライトを揉み解すタイプのものが多く、冷や汗をかいてしまうような痛みを伴う施術法がほとんどだったので、「キャビテーションも痩身法だったら痛いのでは?」と不安に思う人もいるのではないでしょうか?

でも、キャビテーションは超音波を利用するため、ほんのり温かさを感じる程度で、痛みやヤケドの心配は一切ありません!

ただし、エステの痩身コースでは、キャビテーション施術の後に、脂肪排出を促すためのリンパマッサージが組まれていることが多く、そのマッサージが痛みを伴うということは十分に考えられます。

脂肪や老廃物を排出する目的のマッサージなので、グイグイ、ゴリゴリ、かなりの圧で行われることがほとんどですが、あまりにも痛い場合は、必ず施術者に伝えましょう。
痛みを我慢するために体に力が入ってしまうと、逆効果になってしまう場合があります。

キャビテーションに副作用はあるの?

キャビテーション痩身法は、効果もあって、痛みもない、まるで夢のような痩身法ではありますが、注意したい副作用があります。

施術を受ける前には、必ずチェックしておきましょう。

肝臓への負担

キャビテーション施術によって破壊された脂肪は肝臓で分解後、対外へ排出されます。
そのため、施術後は一時的にどっと肝臓への負担が増します。
もともと肝機能が悪い人はキャビテーション施術を受けるべきではありませんし、肝機能に問題がなくても、施述後にアルコールやタバコ、脂肪分や糖分の多い食べ物を摂取するのは控えましょう。

胃腸の不良

腹部へのキャビテーション施術の後は、マッサージ効果によって一時的に下痢の症状が出る場合があります。

超音波による骨伝導

施術中にキーンという金属音のようなものが頭に響きます。
この音は、超音波が骨に当たって振動を起こしているものなので、決して悪いものではなく、むしろ効果的に施術が行われている証拠のようなものです。

しかし、心地良い音とは言えませんし、人によっては施術が終わっても、しばらく耳鳴りのように耳に残ってしまう場合があります。

エステのキャビテーションの料金相場

エステのキャビテーション痩身施術の料金の相場は、キャビテーションマシンが痩身メニューとして出回り始めた数年前までは、1箇所あたり2万~3万円のサロンが主流でした。
この料金だとなかなか簡単に手が出せなかったものですが、最近では、1万円台で施術を受けることができるサロンが多いようです。

特に初回は、お試し体験として、格安料金で施術を行うところが多いので、ぜひ活用したいところです。

施術が行える箇所・行えない箇所

キャビテーションは、脂肪細胞を破壊する痩身施術方法です。
そのため、脂肪が薄くて面積の狭い部分は施術に適しませんので注意しましょう。

〈キャビテーション施術が行える箇所〉
背中、お腹、みぞおち、ウエスト周り、ヒップ、二の腕、太もも、ふくらはぎなど

〈キャビテーション施術が行えない箇所〉
肘下、ひざ小僧、くるぶし、首、肩、顔など

キャビテーションができるエステサロン

シーズ・ラボ

日本初導入の、温冷機能付きキャビテーション、“セルクライオ”を使用して施術を行います。

温めながら超音波で脂肪細胞を破壊するので、血液やリンパの循環が促進され、老廃物の排泄の相乗効果が期待でき、痩身効果がUP!
冷却機能には高い鎮静効果と引き締め効果が期待できます。

従来の2倍速で、気になる部分の即効サイズダウンが叶います。
シーズラボのキャビテーションは以下のような人にお勧めです。

・がっちりつかめてしまう余分な脂肪を落としたい人
・お腹、太もも、二の腕、ヒップなど部分的に集中して痩せたい人
・たるんだお腹を引き締めながらサイズダウンしたい人
・セルライトや冷え性が気になる人
・痩せたいけど、痛いのは嫌!リラックスして疲れも取りたい人

シーズ・ラボの全身痩せダイエットコース

・通常80分 通常価格25,920円
・お試しプラン5,400円

とにかく痩せたい!という人にお勧めです。
最新マシンを3台使用するオーダーメイドダイエットコースです。

〈施術の流れ〉
1.ラジオ波で温めながら脂肪を分解する吸引マッサージ

2.温冷機能付きキャビテーションで気になる部分の脂肪を破壊

3.脂肪を分解・排泄するしぼり出しハンドマッサージ

4.体の芯まで温めて、脂肪や老廃物の排出を促すヒーティング

シーズ・ラボの部分痩せキャビテーションコース

・通常60 通常価格19,440円
・お試しプラン1回5,400円分

ダイエットをしてもなかなか落ちない部分の脂肪を落としたい人にお勧めのコースです。
〈施術の流れ〉
1.ラジオ波で温めながら脂肪を分解する吸引マッサージ

2.キャビテーションによる脂肪破壊&もみ出し

3.体の芯まで温めて、脂肪や老廃物の排出を促すヒーティング

スリムビューティハウスの骨盤キャビテーション

・骨盤+キャビテーション70分 1回15,750円
・お試し体験1回3,000円



キャビテーションシステムを最大限に発揮させるためのスリムビューティーハウスならではの施術を組み合わせたダイエットコースです。

ぽっこりお腹、二の腕、ヒップなどの気になる部分を美しく痩せたい人、ただ体重を減らすだけではなく、メリハリのあるきれいなボディラインに整えたいという人にお勧めです。

〈施術の流れ〉
1.キャビテーションで痩せたい部分の脂肪をピンポイントで集中ケア。

2.Mキューブウェーブで、骨盤周りの筋肉を鍛え、リンパの流れをスムーズに!

3.カップドレナージュor カッピング or 燃焼ハンドトリートメントのいずれかをチョイスして、老廃物や脂肪の排出を促します。

たかの友梨 キャビボディコース

じんわりと温めがならほぐす先端マシンを駆使して独自のハンドテクニックと併せて効率的にアプローチすることで、お腹や二の腕、お尻など、手に届きにくい背中まで、自己流では難しい集中ケアを叶えます。

体重は減っても見た目に変化が感じられない人、もっと可愛く着こなしたい人、努力しているのに報われない人にお勧めのコースです。

TAKANO式キャビボディコース

・50分 通常価格22,680円 上半身(二の腕、背中、お腹、ヒップ)or下半身(腰まわり、ヒップ、太もも、ふくらはぎ)
・初回お試し価格1回3,000円

〈施術の流れ〉
上半身or下半身の4箇所、約50分のすべてをリンパの流れに沿って温めほぐす、キャビテーション+独自のハンドマッサージに当てた充実のコースです。

ラ・パルレ

ドクターとメーカーとの共同開発により誕生した超音波機器は、キャビテーション、RF(ラジオ波)、LDライト、LEDの4つの機能を搭載。
理想的なパーツケアを実現します。
理想的な美脚を目指したい人にお勧めのコースです。

速攻!セルキャビ美脚

・60分 初回体験限定価格1回4,000円

〈施術の流れ〉
1.強力発汗によってカロリー消費を促すヒートマット

2.特殊な超音波振動によって気になる脂肪にアプローチするキャビテーション

3.ローラートリートメントで脂肪を揉み解すセルライトバスター

4.筋肉運動で体を引き締めるJuJu(EMS)

その他、「キャビテーション燃焼コース」80分 通常価格32,400円、「キャビテーション排出コース」80分通常価格37,800円があります。

家庭用キャビテーションで自宅ケア

ヤーマン キャビスパ

 
RF(ラジオ波)、キャビテーション、EMSと3つの機能を搭載したホームケア美容機です。
業務用キャビテーション美容機でも採用されている330kHzの超音波で、運動だけでは解消できないゆるゆるのお肉やお肌表面の凹凸を撃退します。
手のひらサイズのコンパクトデザインで、しかも防水なので、お家でゆったりバスタイム時にも使えます。

ネット上での価格は、およそ23,000円~32,000円で販売されています。
電気代は、約3時間の充電でおよそ0.33円で、一度購入すれば繰り返し使用できますが、

使用に際してはジェルや化粧水を使うことが推奨されていますので別途用意する必要がありますが、必ずしも専用のものを購入する必要はないので、ランニングコストはさほどかかりません。

〈良い口コミ〉
・わざわざ高い料金を払ってエステに行かないでも、自宅で受けられるのが良い。
・自宅用なので、エステに比べるとパワーは劣るが、継続すれば効果が出る。
・使用感が気持ちいい。
・お腹に使うとお通じが良くなる気がする。

〈悪い口コミ〉
・重たい。
・1ヶ月使用したが効果がない。
・充電時間が長い。

口コミは概ね好評価のものが多く、高額なエステへ通わないでも、自宅でケアできるという点が評価されているようです。

ただし効果については、即効性はなく、とにかく継続が必要という意見がほとんどを占めています。

面倒くさがりの人や、飽きっぽい人には不向きですが、コツコツとケアできるタイプの人にはお勧めのホームケアマシンです。

キャビプラス

キャビテーション、LED、RF(ラジオ波)、EMSの4つの機能で頑固な脂肪をスッキリさせる自宅用美容機です。独自で開発されたオーダーメイドマシンなので、パワーが違います。キャビテーションは業務用でも使用される333.3kHz。

1秒あたり33万回の超音波振動と、ラジオ波の熱エネルギーで、気になるパーツのケアを行います。防水ではなく、コードレスでもありませんが、その分パワーは強力です。

また、少ない電力でパワーを発揮する省エネ設計なので、1時間あたりの電気料金はわずか0.17円です。ウェブショップで税込価格29,800円で販売されています。
使用の際にはジェルが必要です。

〈良い口コミ〉
・価格が手頃!
・ケア後に、ふくらはぎのやわらかさが明らかに違った。
・ジェルの代わりに脂肪溶解クリームを使って、使用しているうちに体脂肪率が10%も落ちていた。
・むくみが現象してきた。

〈悪い口コミ〉
・エステではほんのり温かかったのに、温かさが感じられない。
・コードが邪魔。
・ジェルが冷たいので冬場がつらい。

口コミも極めて高評価のものが多いようです。
デメリットとしては、やはりコードレスではない点があげられますが、その分パワーが強いというメリットがあるため、使用している人に不満はないようです。
価格も安いため、家庭用キャビテーションを試してみたいという人にはお勧めの一品です。

ドクターシーラボ エステアップキャビ

キャビテーション、RF(ラジオ波)、EMSを搭載したメリハリボディに導くボディ用美容機です。充電式で入浴中も使えるよう、防水加工になっています。

ドクターシーラボ公式サイトでは、エステアップキャビ単体で税込価格40,824円で販売されています。
さらに税込価格48,492円で、コラーゲンミスと、アクアコラーゲンゲル2本、ダイエット補助食品などがついてくるスターターセットのキャンペーンも行われています。
使用に際しては、ゲルが必要で、アクアコラーゲンゲルが推奨されています。

〈良い口コミ〉
・エステより安上がり!
・持ちやすく使いやすいから継続しやすい。
・使っていると代謝が良くなる。
・わずか5日で足が細くなった。

〈悪い口コミ〉
・効果が感じられない。
・キャビとRFで使用したところ、ビリビリして体に合わなかった。

効果の即効性を評価する口コミもちらほらあったものの、継続しないと効果は体感できないという意見がほとんどでした。

目立ったのが、ピリピリ感を感じたという意見。
中には我慢できず、返品したという口コミも何件かあったため、お肌が敏感な人や、痛みや刺激に弱い人は避けたほうが無難です。

キャビテーションの「注意点」

食事について

施術後は一時的に、胃腸の調子が悪くなる可能性があるので、施術前後の1時間は食事を控えましょう。

水分補給について

キャビテーション施術後は破壊された脂肪や老廃物を対外に排出する必要があり、そのために水分は必須です。積極的に水分を補給してください。

生理中・生理前後

生理中は腹部のトリートメントは避けましょう。

特定の疾患について

骨粗しょう症など、骨がもろくなっている人、肝機能に疾患のある人はキャビテーション施術を避けましょう。子宮に疾患のある人は腹部への施術を避けましょう。

スポンサードリンク

PAGETOP