えがおの青汁を色々なレシピで試してみた評価・レビュー

口コミなど評判が高い「えがおの青汁」を普通に飲んでみたのはもちろん、お湯割り、青汁ラテ(牛乳割り)にしたり、シリアル(コーンフレーク)に混ぜたり、青汁パンケーキを作って食べてみました。写真付きでレビューしますね。
えがおの青汁を色々なレシピで試してみた評価・レビュー

もくじ

スポンサードリンク
現在、えがおでは「えがおの青汁」の他、「えがおの青汁満菜」という商品も提供しています。この「えがおの青汁満菜」もとても飲みやすく人気がある青汁です。姉妹サイトの青汁部でレビューを書いていますのでよろしければご覧になってください。

・えがおの青汁満菜の口コミ検証。通販で買って効果を試した

健康が気になったのでえがおの青汁を注文してみた

健康を維持していくにはバランス良く食べることは基本中の基本で、その中でも野菜を摂ることはすごく重要ですよね。

野菜をしっかり食べられた日は、気のせいかもしれないけれど、何となく体も調子が良くなる気がするんです。
でも普段の生活の中でいくら野菜を摂るように意識していても、どうしてもその日に食べられる野菜の種類が少なかったりしちゃうんですよね。

食生活がちゃんとしているのかってこともなかなか自信が持てないもので…。
段々本当にちゃんと栄養が摂れているのかって不安にもなってくるんですよね。

そういう時に青汁なら手軽なので、健康の為にも青汁を飲んでみることにしました。

青汁っていうと、お味の方が心配なイメージが強いですが、今は本当に色んな種類が出ていてお値段も色々だし、お味もそれぞれ違うみたいです。

その中で今回私が注文したのは、「えがおの青汁」。株式会社えがおさんが出されている青汁です。こちらのえがおの青汁は、青汁の中でも飲みやすいということで口コミなどで定評があるみたいです。

インターネットから「今回だけのお届け3000円」というのを選んでえがおの青汁を購入。送料無料です。

届きました!えがおの青汁

私がえがおの青汁を注文した時は週末で、しかも月曜日が祝日だったので、通常のお届け日数とは多少違っていたかもしれません。
通常がどれくらいかかるのかはわかりませんが、私が注文した商品が届いたのは7日後でした。
届きました!えがおの青汁
お届けに使用してあった箱はよくある普通の段ボールではなく、株式会社えがおさんのオリジナルだと思われる箱で届きました。

結構お届けの時に使用される外箱って、中に入っているものの印象を左右する重要なポイントになったりするんですよね。

その点こちらの株式会社えがおさんが使用されている外箱は、個人的にすごく良いと思いました。
中に入っている商品の品質が良いように感じられる外箱だと思います。
えがおの青汁外箱
箱を開けると、早速注文していた「えがおの青汁」がお目見え。
青汁の箱はありがちなペラペラとした水にいかにも弱そうな箱ではなく、しっかりとしたつくりでした。外箱に続き、こちらも良い感じ!

「えがおの青汁」と書かれた部分は背景が金色で、「極」の文字も。
その「極」の文字を見たらさらに品質が良さそうな感じがして、ますます期待が高まります。
aon003

えがおの青汁の箱の横には、くまもんの絵が描かれたふりふりシェーカーというものも。
えがおの青汁ふりふりシェーカー
ふりふりシェーカーの箱の上にはくまもんのシールもありました。
えがおの青汁くまもんのシール

くまもんの絵が描かれたふりふりシェーカーは、どうやら期間限定のものみたい!人気のゆるキャラの絵が描かれたおまけがついているって、何だか得した気分です。
aon006

しかもこのふりふりシェーカー、作りが結構しっかりしているんです。青汁を作る時に使う物みたいですが、分量がわかるように線が引いてあるので、どれだけ水や牛乳を入れたら良いのかがすぐにわかり、すごく便利だなぁと思いました。

さらに明細書やパンフレット類、綺麗なピンク色の冊子カバーのようなものも入っていました。

気になったのが綺麗なピンク色の冊子カバーのようなもの。
その冊子カバーの表には「いらっしゃいませ」と書かれていて、開けてみると「感謝」の文字と、途中まで折られた折り鶴が!

aon008    
折り鶴の横には「最後のひと折りを、お願いいたします。一緒に折っていただいた鶴が、お客様とえがおを結ぶかけはしになります。」と書かれていました。
折り鶴
せっかくなので、最後のひと折りをして、折り鶴が完成!

この心遣い、なかなかできることじゃないですよね。
インターネット経由や通販でお買い物をすると、どこか無機質な感覚になってしまうことってありますが、今回はお店で顔を合わせて購入した訳ではないけれど、何だかすごく感じの良いお店でお買い物をした後のような気持ちになりました。

顔は合わせてないし、言葉も交わしていないけれど、良い接客をして頂けたというような感覚になりました。

えがおの青汁にはわかりやすい冊子もついてきた

折り鶴があった紙をめくると、そこには冊子と「ご縁に感謝して」というお手紙が入っていました。
aon0010
えがおのしおりと書かれた冊子には保存版と明記されていて、えがおの青汁の飲み方や保管方法、賞味期限について書かれています。
株式会社えがおさんは青汁だけではなく、黒酢やブルーベリー、他にもサプリメントを多数取り扱っているみたい。

それから各商品の定期購入について紹介されていました。
定期購入は割引がされるようなので、長期にわたって続けようと考えている方には良いシステムだと思いました。

続いてえがおの約束という冊子を見てみると、「自然素材の力を活かす」「科学的根拠にこだわる」「安全・安心を追求する」「お悩みをえがおに変える」と4つの約束について書かれていました。

青汁についても書かれていて、えがおの青汁の原料である大麦若葉は、栽培時には化学合成農薬や化学肥料を使わずに育てているとのことでした。
自然の中でたくましく育てた大麦若葉を使用しているとのこと。

農薬や化学肥料って、よく問題になりますよね。
一説によると、農薬や化学肥料が体内に入ると、それを分解していくのに体はたくさんの栄養素が必要になるらしく、本当にその食材の栄養素をしっかりと体に取り入れるには、やはり農薬や化学肥料を多く使って育てられた食材ではない方が良いみたいです。

“健康を支えるものだから、原材料の「健康」もしっかりと確かめます。”とも書かれていましたが、健康食品を摂る側としては、かなり心強い言葉だと思いました。

えがおの青汁と書かれた冊子には、今回注文した青汁についてより詳しく書いてありました。
野菜不足を何とかしたい、家族の健康が気になる、続けられる青汁が欲しいというお客様の声を受け取り、それに応えるべく追求されて作られたとのことで、私の求めている物まさにそのもの。
野菜は食べているつもりでも、ビタミンやミネラルは不足しがちとも書いてあって、「やっぱりそうだよね」と、妙に納得していました(笑)。

えがおの青汁に入っている素材と成分

えがおの青汁には熊本県の阿蘇で農薬と化学肥料を使わずに育てられた、大麦若葉以外にも色々入っているようです。

沖縄県与那国島で育てられた、長命草という「1株食べると1日長生きする」という言い伝えがある草、高知県三州で育てられた、育てるのに手間が掛かるという発酵黒生姜、それからケール、桑葉、アガベイヌリン、レッドクローバー、貝カルシウム、植物性乳酸菌、マグネシウム、ビタミンD、ビタミンB6と、体に良さそうな素材と、成分がたくさん入っているんですね。

えがおの青汁を試してみる

ひと通り冊子を読んだので、肝心のお味はということでえがおの青汁を試してみることに。

えがおの青汁のお湯割り

お水やお湯、牛乳で割ると書いてあったのですが、時期的に冷えてきていることもあり、お湯をチョイス。
湯飲みにえがおの青汁を入れお湯を注ぎながら、「でも温かいと良くも悪くも香りが引き立ってしまうのかも」という不安が頭の中を過りつつ、あっという間にえがおの青汁のお湯割りは完成!
えがおの青汁のお湯割り
お湯を注いだだけで溶けたので、混ぜる必要もないぐらいでした。
見た目は粉茶やお抹茶を入れたような感じ。
香りもかすかにするものの、気になるようなタイプの香りではありませんでした。

えがおの青汁を飲んでみると、「飲みやすい!っていうか、これ青汁?」という感じでした。お味はお抹茶に近かったです。これなら青汁に苦手意識のある両親にも、何も言わずにお茶として出したら青汁とは気が付かないように思います。

私は朝起きてからまず何かを食べる前には、必ず温かいお茶を飲むようにしているんです。

何故かというと、起きてから朝の一発目に何を口に入れるのかってすごく重要だと思うんです。
これは個人的に勝手に思っていることですが、胃が空っぽの状態の時って、食べたものの良い所も悪い所もストレートに吸収されていく気がするんですよね。

だから余計に朝は体に良いと言われている物を摂りたいんです。

でも朝お茶を飲む時に、前日の急須を洗ってなくて面倒に感じる時があって…。
そんな時にこのえがおの青汁だと、一個ずつ小分けにされているし、袋のカットも手で簡単にできるしすごく便利だと思いました。
何よりも、大麦若葉など、たくさん栄養成分が入っていてお味も良く、体に良いのが嬉しいです!


☆これだけ味にクセのない青汁だったら、パッケージに工夫次第で様々お使いいただけますと書いてあるように、えがおの青汁は他にもにもいろいろな使い道がありそうなので探してみることにしました。その中のいくつかをご紹介したいと思います。

えがおの青汁ラテ(牛乳割り)

まずはシンプルにえがおの青汁を温かい牛乳で割ってみました。
牛乳で割っても良いとはえがおの青汁のパッケージでも勧められているので、温めた牛乳も合わないはずはないという単純な考えです。

やはりこちらは大正解!
aon0012
見た目も良く、まるでカフェで抹茶ラテを頼んだような感じに見えませんか?勝手に“えがおの青汁ラテ”と名付けてみました。このえがおの青汁ラテ、見た目だけじゃなくてお味の方も抹茶ラテに近くて、すごく美味しいんです。

人によってはお湯で割るよりも飲みやすいかもしれません。
紅茶やコーヒーを飲む時用のカップに入れて、ティータイムにこれを作って飲んでも良いかも。

甘みが多少あるので、お砂糖を入れなくても私は大丈夫でした。
これ、健康食品を摂っていることを忘れちゃうかもしれませんよ。私は一瞬忘れていました(笑)

えがおの青汁とシリアル系(コーンフレーク)との相性を試す

えがおの青汁に温めた牛乳を入れて思った以上に美味しく、やはり牛乳との相性はかなり良いことがわかった青汁なので、青汁と牛乳の組み合わせとプラス“何か”で合う物があるはず!と思いついたのが、シリアルと合わせてみること。

シリアルはコーンフレークとか、ミューズリーとか色々ありますよね。
今回はおうちにあった玄米フレークを使うことにしました。
えがおの青汁とシリアル
お皿に玄米フレークを入れて、えがおの青汁1本と、牛乳を入れて出来上がり!(この方法だとお皿の周りが汚れてしまうので、今回は画像用にあらかじめ青汁1本と牛乳を混ぜたものを後から注いでいます。)
えがおの青汁とコーンフレーク
このえがおの青汁+牛乳+玄米フレークの組み合わせ、お味の方はとっても美味しかったです!

ただこの難点は一つだけ。見た目がいまいちなんですよね…。

えがおの青汁と牛乳を混ぜた時には、とっても綺麗な白味がかった若草色なんですが、玄米フレークを合わせたらちょっと微妙になってしまいました。
きっとこれは他のフレークを使っても同じだと思います。

でも先ほども書きましたがお味の方はとっても美味しいし、たぶんこの組み合わせはすっごく体に良いのではないかと思います。
栄養のバランスが取れたシリアルに、牛乳のタンパク質とカルシウム、えがおの青汁の成分が加わったら栄養価がかなり高くなりますよね。

朝食や少しお腹が空いた時にぴったりだと思います。
見た目は気になるけれど、オススメです!

えがおの青汁のパンケーキレシピ☆

えがおの青汁はほのかな甘みがあるので、お菓子作りにも向いている気がして、ちょっと試しにパンケーキにしてみようかなと思いつきました。

おうちにあったパンケーキの粉にえがおの青汁を1袋。
後はパンケーキの粉の作り方に書いてあった通りにその他の材料を入れました。
aon0015
材料を混ぜたらこんな感じに。綺麗な白味がかった若草色になりました。
aon0016
フライパンを熱し、生地を注いで表面が乾いてきてプツプツと穴が空くのを待って、ひっくり返し、両面焼いたら出来上がり!

こちらのパンケーキ、焼いてからの色合いが心配だったのですが、焼き目が付いた後も綺麗な若草色が見えています。
お抹茶入りのパンケーキみたいで、食欲もそそられます。
えがおの青汁でパンケーキ
肝心のお味はというと…。

美味しい!!

最初はプレーンの状態で食べたのですが、それでも十分美味しかったです。
続いてメープルシロップをかけたバージョンを頂くと、これもまた美味しい!メープルシロップと青汁入りのパンケーキがケンカしてしまうこともありませんでした。

えがおの青汁がパンケーキにすごくなじんでいる感じなんですよね。
また作ろう!と思うような青汁入りのパンケーキが出来上がりました。

野菜嫌いのお子様や、青汁がどうしても苦手という人でも、こちらのパンケーキなら抵抗なく食べられると思いますよ。ぜひお試しあれです!

今回は1人分を作ったので、えがおの青汁は1本しか使っていませんが、作る枚数が増える時には、入れる青汁の本数はその都度増やしてくださいね。
以上、えがおの青汁パンケーキレシピでした!

いかがでしたか?
ここまでで
「えがおの青汁を色々なレシピで試してみた評価・レビュー 」
は終了です。

今後は、えがおの青汁でパンケーキ以外にも様々なレシピを挑戦したいと思います。

その他、えがおの青汁の成分、効果、注文方法など詳細はえがおの公式サイトをご覧ください。

スポンサードリンク

PAGETOP