バーチャルフレンチのやり方とネイルデザイン5選

ここでは指を美しく見せる効果があるバーチャルフレンチを上手におこなうコツ・やり方とバーチャルフレンチのネイルデザイン5選を紹介します。
バーチャルフレンチのやり方とネイルデザイン5選

これから夏本番ですね!夏になるとネイルを楽しみたいと思う方が増える時期です。ネイルの指の長さはただ伸ばしているだけではなく、デザインによっても指を美しく見せる効果があるんです!

その技術の中でもバーチャルフレンチがあります。カジュアルなデザインから、少し大人っぽい雰囲気まで幅広く使えるバーチャルフレンチはどんなファッションスタイルにもピッタリです!指先からワンランク上のオシャレを楽しんじゃいましょう。

スポンサードリンク

もくじ

バーチャルフレンチってどんなネイルのこと?

フレンチネイルはネイルデザインでもメジャーなところであり、定番の人気アートです。ネイル好きの女性なら一回はしたことがあるネイルではないでしょうか。清楚にもカジュアルにも両方対応できる万能デザインがフレンチです。

しかし、「バーチャルフレンチ」と言われると、どんなネイルのことを言っているの?と思いますよね。そこでバーチャルフレンチとは何なのかと言うことを説明しましょう。

バーチャルフレンチとは、フレンチ幅を狭く取り、自爪のピンクの部分を長く見せることで爪を長く見せるネイルの技法のことを言います。爪が長く見えることで、指全体の長さも出ることから、ジェルネイルやアクリルネイルをしない方でも簡単にできるフレンチです。

実はこのフレンチ部分の割合はとても大切なもので、フレンチ部分が多すぎるだけでもとても小さな爪に見えてしまいます。このアンバランスを解消するために、バーチャルフレンチの技法を敢えて取るのもありなんですね。

つまり、縦長の印象を与えるフレンチネイルのことを総していいます。初めはジェルネイル、アクリルネイルでも使われていた技法ですが、自爪でもおおいに使っていきましょう。

バーチャルフレンチのデザイン集

自爪やジェルネイル、スカルプチュアなどでもできるバーチャルフレンチのデザイン集です。夏本番になるこれからにピッタリなネイルや、定番の人気ネイルデザイン、自爪でも簡単にできるデザインを集めてみました。是非、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

人気のピンク&白が◎!定番バーチャルフレンチ

人気のピンク&白が◎!定番バーチャルフレンチ

淡いピンクが特徴の定番フレンチネイルの色合せです。ピンクと白は、清楚なイメージが際立つネイルになります。薬指だけにデザインされたハートのフラットアートは、フレンチのラインを使ったデザインで、ナチュラルな爪先のアクセントになります。ラインストーンはスワロフスキーを使い、輝きで一層の存在感を強調できます。

このネイルのポイントは、自爪でもできるバーチャルフレンチということです。下地がビンクなので、長い自爪を活かすことができ、マニキュアのみでも簡単に自分で作ることが出来ます。

ポイントは、ピンクを2層より一層塗りをしてより肌の色に近くすることです。それによってフレンチ部分の白がより綺麗にみえます。また、厚塗りによるヨレなども防止することができます。ジェルなどを使用する際には、厚みなどは好みがあると思うので、自由にできますね。

夏には濃いブルーエキゾチックなバーチャルフレンチ

夏には濃いブルーエキゾチックなバーチャルフレンチ

自爪でもできるバーチャルフレンチです。ゴールドのスタッズが夏らしいアクセサリーのようなデザインになります。ジェル、アクリルなどでおこなう際には、フレンチ以外の部分はナチュラルカラーを使うことで、爪の長い部分も隠すことができます。クール系のバーチャルフレンチにチャレンジしたい方にはおすすめのデザインですね。

ポイントは、ブルーとスタッズの色の合わせ方です。濃い目のブルーにはゴールドのスタッズを、淡いブルーにはシルバーのスタッズを使うと全体のバランスがよくなります。下から上へスタッズの大きさを小さくするのも爪を長く見せるコツです。

マットカラーを合わせて!大人かっこいいデザインネイル

マットカラーを合わせて!大人かっこいいデザインネイル
フレンチラインをスワロフスキーのみで描くバーチャルフレンチです。クリア感があるデザインなので、濃淡をしっかり付けるよに、親指と薬指にマットカラーを入れることで締まったデザインネイルになります。ポイントになる大きめのストーンで協調性のあるデザインに仕上ります。「ラインストーンだけでは取れてしまうのでは?」と不安な方には、トップコートでも重た目のものをのせるだけでも全然取れません。

また、ジェルやアクリルの場合、ラインストーンの輝きを重視したい場合は、上にジェルなどでコーティングしない方が綺麗に光を乱反射させてくれます。取れるのが嫌だという方には、クリアジェルのコーティングがおすすめです。夏らしい涼しいバーチャルフレンチになりますね。

5色分けは夏におすすめ!ポップなバーチャルフレンチ

ポップなバーチャルフレンチ

夏にしてみたいネイルで、常に上位をキープするカラフルフレンチネイルはこの夏も外せないデザインネイルです。フレンチのラインにはゴールドのラメでラインを引くことでシンプルかつ豪華なイメージもあります。

中指にはフレンチラインまでいっぱいのパールやクリアストーン、ブリオンでキュートにアクセントを置きました。カラフルだからこそできる少し派手目なデザインを楽しめるのもいいところですね。5色の配色などもオリジナリティが出てかわいいです。夏のビビットカラー、淡いパステルカラーなど、カラフルでもいろんな色が楽しめますね。

ポイントは、虹の様なグラデーションの爪先にするのか、グラデーションにならないような5色使いをするのかです。まとまりがあるのは、グラデーションのフレンチ、寒色系や暖色系の強調をしたい場合は、大きな爪(親指、中指、薬指)に色を持ってくるといいですね。

ピンクオレンジ&ヒョウ柄のバーチャルフレンチデザイン

ピンクオレンジ&ヒョウ柄のバーチャルフレンチデザイン

夏に使いたいカラーのピンクオレンジは全面的に塗ってしまうと少し派手になりすぎるのではと心配している方も多いです。故に敬遠がちになるカラーですが、バーチャルフレンチで使うことで、カラーはたっぷり使わず、存在感はしっかり出してくれます。夏なのでゴールドのラメラインを引きました。フレンチ幅も細めに引いても十分カラーの生きる色なので、バーチャルフレンチには使いやすいカラーとも言えます。

アクセントに淡いピンクベースのヒョウ柄を薬指にデザインしました。人差し指にはスタッズとスワロフスキーのピンクでりぼんを作りました。ジェルなどの場合は、上からクリアジェルでコーティングしても分厚くならないのでおすすめのデザインです。

夏のバーチャルフレンチのデザイン集はいかがでしたか?
自爪でもジェルやスカルプチュアでもできるバーチャルフレンチです。是非、この夏にチャレンジしてみてくださいね。

バーチャルフレンチが上手で出来るコツ・やり方

ここでは定番のピンクと白のバーチャルフレンチを、上手にしかも簡単にできるコツや道具などを紹介していきたいと思います。
002bfnail

①あると便利な道具を用意しておこう!

フレンチはシンプルだからこそ粗が出やすいデザインでもあります。そんな時にあると便利な道具を用意しておくといいですね。

サージカルテープ、マスキングテープ

フレンチラインをハサミで型取っているマスキングテープなどは100円均一でも売られています。また、好みのフレンチラインを作るのに、医療用のサージカルテープがおすすめです。

中でも100円均一のものは、既に塗り終わった下地にくっつかないのでおすすめです。下地がしっかり乾いてから、マスキングテープなどを使ってフレンチラインを描くと失敗もありません。

細めの筆(マニキュア・ジェルどちらでも)

細めの筆を使うことで、バーチャルフレンチの様に繊細な線を描くデザインも簡単にできます。タップリと付き過ぎるマニキュアなどは細めの筆を一つ用意するだけでもOKです。アート用の細筆マニキュアも◎ですね。

②実際に下地を塗ってみよう

007bfnail

まずはベースになるピンクを塗っていきます。マニキュアの場合はベースコートの後に一度塗り、ジェルの場合は好みの色具合になるまで硬化をさせるようにしましょう。

③フレンチラインの塗り方

008bfnail

写真の様に片方からVを描くようにフレンチを描いていきましょう。初心者の方はこの方法が一番失敗しないですね。またはマスキングテープなどで塗りましょう。
009bfnail

ジェルネイルの場合、白の部分が上手くいかない時に、下のピンクは硬化させているので、筆で拭きとって形を整える方法がありますね。

こういった臨機応変さで見るとジェルネイルの方がバーチャルフレンチは簡単にできるかもしれませんね。しっかりラインを完成させると硬化させておきましょう。マニキュアの場合、マスキングテープなどを使ってフレンチラインを作った時は、テープを剥がす際に慎重に行なってくださいね。

④最後の仕上げ

010bfnail

マニキュアの場合、白とピンクの境目に不自然な段差がないようにトップコートをたっぷりと塗りましょう。ツヤ感が出る効果もありますが、自然なフレンチネイルになります。
ジェルネイルの場合は、仕上げにクリアジェルを塗ります。もっとツヤ感の欲しい場合、トップコートを塗ってさらにうるおいネイルにすることができますね。

いかがでしたか?バーチャルフレンチとはどんなものなのか、デザインやコツなども紹介してきました。

全ての指をフレンチにするのはとてもむずかしいことなので、初めはポイントになる指に違ったデザインを施すことで自然なバランスになることも是非抑えておきましょう。この夏の流行りのカラーを使って美しいネイルで夏を迎えましょう。

スポンサードリンク

PAGETOP