ジェルを使ってアートする3Dネイルのやり方とお勧めデザイン

ここ数年はフラットなアートが主流となっていましたが、最近、3Dネイルが再び注目されるようになってきています。3Dアートというとプロのネイリストさんでなければできない、というイメージもありますが、ジェルを活用すると、ネイル初心者さんでも意外と簡単に3Dアートを楽しむことができます。

そこで今回は、ジェルを使った3Dアートのやり方や、3Dネイル秋冬のおすすめデザインをご紹介します!


もくじ

スポンサードリンク

3Dネイルってなに!?

「3Dネイル」についてご存知ですか!?
3Dネイルというのはその名の通り、立体的なアートを施したネイルのことをいいます。ここ数年はフラットなアートやシンプルなアートが主流でしたが、パーティーやブライダルなど華やかなシーンでは、やはり3Dアートが人気のようです。

また最近は、シンプルなアートにポイントで3Dアートを施したデザインも、人気となっています。
3dnail001


アクリルを使った3Dアートのメリット・デメリット

3Dアートは基本的にアクリルパウダーとアクリルリキッドを使って行うのですが、アクリルを使った3Dアートには、様々なメリット・デメリットがあります。


アクリルを使った3Dアートのメリット

3Dアートのメリットとしてはまず、繊細なアートを楽しむことができる、という点が挙げられます。
というのもアクリルパウダーにリキッドを混ぜて作るミクスチュアならば、花びらの厚みやベースカラーの透け感などの細かな表現をすることができるのです。そのため本格的なアートを楽しみたいという方には、アクリルをおすすめします。


アクリルを使った3Dアートのデメリット

では、アクリルによる3Dアートには、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

そのデメリットとしてはまず、アクリルを使いこなすにはそれなりの技術が必要となる、という点が挙げられます。

というのも3Dアートにおいてアクリルを使う場合、アクリルパウダーとアクリルリキッドを使って“ミクスチュア”を作り、これを自在に変形させて形成していくことになるのですが、ちょうどいい硬さのミクスチュアを作れるようになるには、ある程度の技術が必要となります。

そのためセルフネイル初心者さんにとってアクリルを使った3Dアートは、かなり難易度が高いといえるでしょう。

またアクリルには、とにかく臭いがきつい、というデメリットも挙げられます。
皆様の中にもご存知の方がいらっしゃるかとは思いますが、アクリルリキッドには、独特の臭いがあります。そしてこの臭い、人によっては気分が悪くなってしまうくらいキツイんですよね・・・。

そのためサロンであればともかく、自宅でアクリルリキッドを使用するというのは正直、あまりおすすめできません。


アクリルを使わなくても3Dアートは楽しめる!

ではどうすればいいのかという話になりますが、実は3Dアートは、アクリルを使わなくても楽しむことができます。

そしてその方法とはズバリ、“ジェルをつかって3Dアートをする”というものです。
ジェルを使った3Dアートであればお手持ちの道具でできるため新たにアクリルパウダーやリキッド類を買いそろえる必要がありませんし、何より、アクリルよりも簡単に3Dアートを楽しむことができます!


ジェルでもできる!簡単3Dネイルのやり方

それでは早速、ジェルを使った3Dアートのやり方について解説していきます。
と言ってもその方法はいたってシンプルで、立体的にしたい部分に、ジェルを塗り重ねていけばいいのです。
3dnail002

このアートでいうと、ジェルを使ってハート柄を描き、その上にぷっくりするくらいの量のジェルを重ねて立体感を出しています。

つまり、フラットアートではジェルで模様を描くだけであるところ、3Dアートでは“こんもり”するくらいまで模様の上にジェルをのせていく、というわけです。

これ、本当に簡単なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

ちなみに昨年から流行しているニットネイルも、この方法で簡単に作ることができます。まずはニット模様を描き、その上に何度かジェルを重ねて立体感を出していくわけですね。


ジェルを使った3Dアート成功の秘訣

ジェルを使った3Dアートを成功させるには、いくつかの“秘訣”があります。


秘訣その1:硬めのジェルを使う

ジェルをつかった3Dアートを成功させるためにはまず、できるだけ硬めのジェルを使う、ということをおすすめします。

最近は様々なメーカーからカラージェルが販売されており、その種類によってジェルの硬さも変わってきます。3Dアートでは立体的なジェルを使って立体的な表現をするため、あまり柔らかすぎるジェルを使うと横に流れてしまい、立体感を出せないことがあるのです。

カラージェルの中には3Dアート用のものも販売されていますので、そういったものを利用するというのもおすすめです。またビルダージェル(長さだし用のジェル)やハードジェルを持っている方は、カラージェルにこれを混ぜ、少し硬さを出してから使用するというのでもいいでしょう。


秘訣その2:こまめに仮硬化させる

ジェルを使った3Dアートを成功させるには、こまめに仮硬化させる、ということも大切です。というのもジェルには自ら水平になろうとする性質があるため、例え“こんもり”とするようにジェルをのせたとしても、時間が経過するにつれて徐々に平らになってきます。

そこでジェルを使って3Dアートをする場合は、1パーツごとに仮硬化させ、ジェルが流れないようにしましょう。ちなみに上のアートでは、ハート半分ずつ描き、その都度仮硬化させています。

ちなみに仮硬化させる時間ですが、30秒で完全硬化するジェルの場合、5秒程度ライトを照射するだけでも十分です。


シリコンモールドを使うと簡単に本格的な3Dアートが!

ジェルを使うと簡単に3Dアートができる・・・。
そうはいっても、ジェルの扱いに慣れるまではなかなか上手くできなかったりしますよね。そこでおすすめしたいのが、「シリコンモールド」を使ったアートです。
3dnail003
シリコンモールドというのは簡単に言うとシリコン製の“型枠”のことで、この中にカラージェルを入れて硬化させることで、簡単に3Dパーツを作ることができるのです。


(1)シリコンモールドにジェルを流し込む

それでは早速、シリコンモールドを使った3Dアートにチャレンジしてみましょう。
まずは、型枠の中にお好みのカラージェルを流し込んでいきます。枠からジェルがはみ出すと綺麗なパーツを作ることができないため、アート用の細筆やオレンジスティック等を使い、丁寧にジェルを入れることが大切です。

また空気が入ると表面がボコボコになることがあるため、爪楊枝等を使って気泡を潰しておくことをおすすめします。
3dnail004

(2)硬化させる

シリコンモールドの中にジェルを入れ終わったら、これを硬化させます。
硬化時間ですが、完全に効果するのに必要な時間よりも少し短めにするのがオススメです。例えば30秒で完全硬化するカラージェルの場合、10から15秒程度ライトに当てるだけでかまいません。

そうすると適度な柔らかさを持った3Dパーツができるため、爪のカーブに合わせて隙間なく乗せることができます。


(3)ネイルにのせれば完成!

カラージェルを硬化させたら、後はこれをネイルの上に乗せましょう。
爪の形に合わせてパーツに適度なカーブを付けると、隙間なくキレイに仕上げることができます。


オトナ女子必見!2015秋冬オススメの3Dネイルデザイン

最後に、2015年の秋冬おすすめの3Dネイルデザインをご紹介します。

3Dネイルは、一歩間違えると派手で下品な仕上がりになってしまうこともあります。そのため、大人女子としては上品でありながらも立体感のあるデザイン、というものを目指さなければなりません。


スポンサードリンク


3Dハートで描く大人フレンチネイル

まずは、2色のカラージェルを使ったこちらのデザインです。
3Dハートで描く大人フレンチネイル
こちらは、パールホワイトのカラージェルで逆フレンチ模様を描きその上にブルーのカラージェルを使って立体的なハートを描いています。ちなみにこのハートですが、半分ずつカラージェルをのせ、その都度仮硬化をさせることで上手く立体感を出すことができます。

ハートモチーフはデザイン次第でPOPになったり子供っぽくなったりしますが、こういったエレガントなデザインであれば、大人女子もチャレンジしやすいですよね!


今年のトレンドカラーを使った大人ストライプ×3Dリボン

今年の秋冬は、グレイカラーがトレンドとなっています。
グレイカラーとは簡単に言うとグレーを混ぜて少しくすんだような感じになった色のことで、落ち着いた雰囲気のカラーは、大人女子のネイルにマストのカラーといえるでしょう。
今年のトレンドカラーを使った大人ストライプ×3Dリボン
ちなみにリボンの3Dパーツは、上でご紹介したシリコンモールドを使ってつくっています。型枠にジェルを流し込むだけで、こんなに本格的なアートを楽しむことができるのですね。

今回はピンク系カラーにも少しだけグレーを混ぜましたが、他の部分をグレイカラーにしつつ、リボンをのせる指はパステル系カラーやホワイトにする、というのもおすすめです!


ホワイトグラデ×1本だけアートで大人セクシーに

次は、こちらのデザインです。
ホワイトグラデ×1本だけアートで大人セクシーに

シンプルなホワイトグラデーションに、1本だけ3Dアートを施しました。
ちなみにこちらは、アクリルパウダーとアクリルリキッドを使っています。上ではアクリルを使った3Dアートのメリットについて解説しましたが、アクリルを使うと、こういった感じでとても繊細なアートをすることができるのです。

ジェルの扱いにある程度慣れてきたためより本格的なアートを楽しみたいという方は、アクリルを使ったアートにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


ダスティパステル×3Dフラワーで清楚に

2015年の秋冬におすすめのカラーの一つが、“ダスティカラー”です。
ダスティパステル×3Dフラワーで清楚に

ダスティカラーというのは少し灰色がかった色のことで、言ってみれば、グレイカラーと同じ感じの色味になります。

明るめのパステルカラーはちょっと苦手という方も、すこしくすんだ感じのダスティパステルカラーであれば、気軽にチャレンジすることができますよね!

ちなみにこのダスティカラーですが、ブラックとホワイトのジェルさえあれば簡単に作ることができます。ブラック:ホワイト=1:6くらいの割合で混ぜて灰色を作り、これをお好みのカラージェルに混ぜればいいのです。

そうすることで、適度にくすんだダスティカラーが完成します!
手持ちのカラージェルでトレンドカラーを作ることができるというのは、ジェルネイルならではの魅力ですね。


キャラクターネイルも楽しんでみて!

ここまではハートやフラワーといった3Dネイルの定番デザインについてご紹介してきましたが、実は3Dアートの技法をマスターすると、様々なキャラクターネイルを楽しむこともできます。

実際、3Dネイルを楽しんでいる方の中には、キティちゃんやマイメロ、ディズニーなど、好みのキャラクターの3Dパーツをつくり、これを爪にONしている方も多いようです。


大人女子にオススメのキャラクターネイルデザイン

では、大人女子がキャラクターネイルを楽しみたいという場合、どのようなデザインにすればいいのでしょうか。

10代の方であれば爪いっぱいに立体的なキャラクターがあしらわれた“THE 3Dネイル”というのもアリでしょうが、ここ最近はシンプルなアートが流行していること、大人女子としての上品さを保つことなどを考慮すると、こういった感じのデザインがオススメです。
大人女子にオススメのキャラクターネイルデザイン

例えばディズニーが大好きという方の場合、こんな感じの3Dネイルはいかがでしょうか?親指と中指にミッキーの3Dアートを取り入れつつ、ゴールドの3Dリボンやドット模様をポイントで入れることで、適度なPOPさも出しています。
またグレイカラーを取り入れることで、しっかりとトレンドを抑えています。

ただ単に3Dキャラクターを描くのではなく、上品さを保ちつつも可愛らしさやPOP感、トレンド感をしっかりと取り入れる、というのが大人女子のキャラクターネイルに必要な条件と言えます。


3Dネイル「まとめ」

いかがでしたでしょうか?
気になるデザインは見つかりましたか?3Dネイルというと少しとっつきにくいイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、アクリルを使わなくても、ジェルやシリコンモールドを活用することでかなり本格的な3Dアートを楽しむことができます。

これまで“自分には技術がないから・・・”なんて理由で3Dアートを諦めていた方は、ジェルを使った3Dネイルにチャレンジしてみてはいかがでしょうか!?

スポンサードリンク

PAGETOP