ハイジニーナは嫌?Iラインはどこまで脱毛する?男性意見

VIOに少しは毛があった方が良いからハイジニーナ(無毛)は嫌?コレが男性の本音?自分も満足度が高く、パートナーにも喜んでもらえるようなVIO脱毛方法があったら知りたいですよね!

VIOラインのお手入れに、脱毛を選ぶ女性は確実に増え続けています。

脱毛の流行りも変わってきていて、以前はVラインを中心に脱毛サロンでケアするのが主流だったのですが、数年前からVラインはそこそこ残して、IラインOラインは綺麗に処理してしまいたい女性が増えているようです。

そろそろ、ご自分のVライン、IラインOラインに目を向けてみませんか?
あなたには見えていなくても、パートナーにはしっかり見えているのですから!

自分のためだけではなく、愛するパートナーとの関係性をもっと良好にするためのハイジニーナ、VIO脱毛について、考えていきましょう。

Iラインの処理はどこまですればいいの?Iラインはツルツルにするべき?形は?思い切ってハイジニーナにするべき?毛量を減らすだけでいい?これらの答えは、脱毛サロンの経験豊富なスタッフに聞くのが1番良い解決方法です。

⇒ハイジニーナ脱毛の相談でおすすめの脱毛サロンまとめ

⇒女性のハイジニーナ(無毛)を男性はどう思っている?



もくじ




男性から見る女性のVIOライン

男性は、女性以上に女性のVIOラインを目にする機会が多いと思っていて間違いありません。

ですから、男性は女性よりもVIOラインのヘアに厳しい意識を持っている方が多いようです。

パートナーに、アンダーヘアが多いね・少ないねと言われると、比較されているようで女性としては少し複雑ですが、どうせなら褒められるように、もっともっと愛されるようにお手入れを始めましょう!

男性は、間違いなく女性よりも単純な生き物!(良い意味でですよ!)
脱毛ひとつで男性からの愛され方は変わるはずです。

アンダーヘアに対する男性の本音

あるアンケートによると、基本的にジャングルのように生い茂っているVラインはイヤというのが男性の本音のようです。

少なくとも、短くカットしておいてもらいたい、ショーツからはみ出ないように小さくするくらいのことはやっておいて欲しいというのが最低ライン。

印象的だったのは、元カノのアンダーヘアは綺麗だったのに、新しい彼女はまったくお手入れをしていなくてガッカリしたというご意見。

新しい彼女本人には言えない悩みだそうです。

アンダーヘアの処理を行っていないと、強い臭いの原因にもなります。
パートナーに何も言われなくても、臭いに不快感を持っているかもしれません。

臭いの原因はアンダーヘアに付着した汚れや汗などです。ウォシュレットで洗うことで軽減できますが、アンダーヘアを減らすことでかなり改善することが可能ですよ。

男性の意見で、女性にはアンダーヘアを剃って欲しいというものもありました。しかし、シェービングを日常的に行うのはあまり現実的ではありません。

夜に処理しても、翌日夕方にはチクチクが気になってしまいますし、女性自身も不快なはず。

剃ることでVラインの黒ずみや毛穴トラブルが起こることもありますので、シェービングを行うのは脱毛期間中だけにしておきましょう。

VIOラインにできる肌トラブルは治りにくいですよ!



☆女性のハイジニーナ(無毛)を男性はどう思っている?⇒



ハイジニーナとは?

ハイジニーナは、VIOラインを無毛にすることを言いますが、

・全てなくして無毛にすること
・部分的な脱毛
・アンダーヘアのお手入れをすること

など、広い意味で「ハイジニーナ」という言葉は使われています。

ハイジニーナの脱毛方法は、脱毛サロンで半永久的に処理する、ワックス脱毛などで一時的に処理する、セルフ脱毛などなど、やり方に制限はありません。
ツルツル快適になればOKなのです。

先日テレビで見たのですが、Vラインをブラジリアンワックスで雷の稲妻のような形にしていた女性がいました。

アンダーヘアスタイルを楽しむ時代が来ているのかもしれませんよ!

女性のハイジニーナを男性はどう思っている?

男性パートナーに、ハイジニーナ脱毛をしたい!と伝えたときの反応が、アンケートとして回答されています。
内訳をご紹介すると、

大賛成:約20%
賛成:約17%
どちらかと言えば賛成:約14%
どちらとも言い切れない:約5%
どちらと言えば反対:約15%
反対:約20%
大反対:約10%

この結果だけ見ると、賛成半分・反対半分という感じがしますが、これはアンケートをお願いした全ての方の回答を集計したものです。つまり、年齢層が広いということ。

年齢別に見ると、

【20代】
賛成:約67%
反対:約33%

【30代】
賛成:約50%
反対:約46%

【40代】
賛成:約40%
反対:約50%

【50代と60代】
賛成:約40%
反対:約40%

20代、30代で賛成派が増えて、40代が反対、50代になるとまた意見が割れていることがわかります。

※出典:アンケートを参考にさせていただいたサイト

反対といってもハイジニーナに対する答えなので、ツルツルにはしないで欲しいという意見が多いだけで、脱毛自体に反対という声はそこまで多くないようです。
ただ、ハイジニーナ(無毛)にしてしまうことに抵抗がある男性は多いようですね。

特に結婚している、本気でお付き合いをしているパートナーがハイジニーナにすることに反対する男性は多いようです。

この回答を見たとき、本当に大切にしたい人に対しての男性の本音を垣間見ることができたような気がしました。

ハイジニーナでも良いと思いますが、適度にVIOの毛を残したり、薄くしたりするデザイン脱毛もおすすめです。
⇒VIO脱毛向けの脱毛サロン選び


男性の言うデリケートゾーンの「自然なまま」は本当に自然?

話は少し変わりますが、男性の「自然なままが良い」「自然なままが好き」という言葉を信じて良いのでしょうか?

わたしの知っている男性で、女性のスッピンとナチュラルメイクの区別がつく人は少ないです。

スッピンは<自然>ですが、ナチュラルメイクは<自然っぽい>ですよね?いわば、作りこまれた自然です。

このふたつの区別がつかないのに、VIOは自然なままが良いと言われても、本当に自然でいいの?と不安になってしまいます。

そして男性は「やっぱり自然なままがいちばんだよね」と言いつつ、メイクをしない日が続くと、「たまにはお化粧して綺麗にしたら?」と言いませんか?

似合っていればなんでもOKという寛大な気持ちなのかもしれませんが、ナチュラルメイクが好きと言われたら腕を上げるべく努力をして、たまにはバッチリメイクもイイネ!と言われたら太めのアイライナーを探しにドラッグストアに走る女性の気苦労もわかってくれー!と言いたくなります。

アンダーヘアの処理に関しても、男性の希望にしっかり応えたらカワイイ彼女になれるのかもしれませんが、脱毛は一生モノです。

男性の意見は参考程度にしておいて、よくよく考えて実行して下さいね。


Iラインの処理はどこまですればいいの?Iラインはツルツルにするべき?形は?思い切ってハイジニーナにするべき?毛量を減らすだけでいい?これらの答えは、脱毛サロンの経験豊富なスタッフに聞くのが1番良い解決方法です。

⇒ハイジニーナ脱毛の相談でおすすめの脱毛サロンまとめ

⇒女性のハイジニーナ(無毛)を男性はどう思っている?


ハイジニーナ・VIO脱毛のメリット・デメリット

<メリット>
・生理中のかゆみやムレなどの不快感が軽減
・アンダーヘアに血液や尿が付かなくなる
・清潔になるのでニオイが気にならなくなる
・面倒な自己処理からの解放
・形を気にせず魅力的な水着を着れるようになる
・黒ずみ・色素沈着の心配が軽減する
・喜ぶ男性もいる(男ウケ)

<デメリット>
・施術中恥ずかしい
・脱毛期間中のシェービングによるチクチク
・脱毛すると生えてこないので形・毛量は慎重に決めないといけない
・ハイジニーナ(無毛)は温泉で恥ずかしい思いをするかも?
・ハイジニーナ(無毛)は男性が引く可能性も

ハイジニーナ・VIO脱毛をすることによって、メリットはたくさんありますが、デメリットもしっかり把握して脱毛に臨みたいところです。

「脱毛施術中の恥ずかしさ」に関しては紙のショーツをずらしながら、施術するので思ったよりは恥ずかしさは少ないですし、エステティシャンは何人も施術しているので慣れっこです。とはいえ、恥ずかしいのは確かなのですが・・・。

「脱毛施術中の恥ずかしさ」「脱毛期間中のシェービングによるチクチク」は脱毛が終了したらなくなるデメリットですが、ハイジニーナ、VIOの形、毛量の失敗は、脱毛後に後悔しても遅いので、しっかり検討したいところです。

特にハイジニーナ(無毛)の場合は、VIOの形や、毛量を決める際よりも、じっくり考える必要があります。


ハイジニーナ・VIO脱毛の痛み・回数

回数について

VIO脱毛の回数に関しては、個人差はありますが、範囲を狭くしたい、毛量を減らしたい程度でしたら6回~8回くらいの回数で終わります。ただ、ハイジニーナ(無毛)の場合はもっと回数を重ねないとツルツルにすることはできません。

痛みについて

アンダーヘアの脱毛は、他の箇所よりも痛みは大きいです。敏感な部分ですからね。個人差もありますが、脱毛器の種類や出力によっても変わってきます。医療レーザー脱毛の場合は出力が高いので痛みは大きいですが回数は少なく済みます。エステで行う光脱毛に関してはIPLとS.S.Cの2種類があり、両方とも医療レーザー脱毛より痛みは少ないです。IPLとS.S.Cを比べるとS.S.C脱毛の方が痛みが少なく肌へのダメージが少ない特徴があります。さらに痛みが少ない脱毛方法は、ハイパースキン脱毛です。

S.S.C脱毛はミュゼプラチナムが採用しており、ハイパースキン脱毛はディオーネが採用している脱毛方法です。



ハイジニーナ・VIO脱毛は脱毛サロンがおすすめ

ハイジニーナやVIOラインを脱毛するなら、ブラジリアンワックスよりも脱毛サロンが良いです。その理由は、価格の安さと半永久性です。

ブラジリアンワックスの場合、2週間程度でまた生えてきてしまいます。
一時的な無毛を体験したい場合や、パートナーのご意見も伺いたいならブラジリアンワックスがピッタリだと思いますが、お手入れ不要の状態を目指すならやっぱり脱毛サロンが便利。

クリニックの医療レーザーと比較すると価格もお安いので、本格的な脱毛を行うなら脱毛サロンをご検討下さい。



⇒ハイジニーナ・VIO脱毛向けの脱毛サロン選びとは?

アンダーヘアを脱毛したことでパートナーに嫌われる?

脱毛すると、元に戻すことはできません。
女性が不安になるのが、アンダーヘアを脱毛したことでパートナーに嫌われるのではないか?将来的に後悔するのではないか?ということ。
ハイジニーナ(無毛)を検討している女子は特に慎重になりますよね?

慎重になる気持ちは本当によくわかります。

個人差がありますが、何もお手入れしていない、ある意味自然なままのVIOラインを好む男性は本当に若い方と、ご年配の方に多いのではないでしょうか。

好むというよりも、アンダーへアはそういうものだという常識や先入観かもしれませんね。

女性がアンダーヘアを整えることに不快感を持つ男性はそう多くはいないと思っていて大丈夫。

稀にいたとしても、アンダーヘアを脱毛することの素晴らしさを言葉にしてあげれば大丈夫。
どうして脱毛しようと思ったのか、お話ししてみましょう。

脱毛についてパートナーとお話してみませんか?

身だしなみのひとつである脱毛ですが、まだまだ女性の方が意識が高く、ムダ毛の処理は女性のものと思っている男性も多いです。

ヒゲや胸毛をはじめとする体毛は、確かに男らしさの象徴でもありますし、男性がご自身を脱毛するという考え方は、まだ一般的とは言えません。男性が脱毛に理解を示せない感情も理解はできます。

既婚男性の中には、誰に見せるために脱毛するの?と憤りを感じる方もいらっしゃるようですよ。
女性にとってはそういうことでは無いんですけどね。

脱毛に理解がないパートナーに、ハイジニーナ脱毛やVIO脱毛のお話をするときは、生理時の不快感を軽減したいとか、トイレ後にスムーズに清潔にしたいとか、女性ならではの悩みを脱毛で解消したいことを訴えると理解してもらいやすいはず。

こういうデリケートな話ができる関係性を普段から築いておけると良いですね。


Vライン、どこまで残せば良い?

Vラインをどこまで残すか、これはVIOラインを脱毛するときに最初に考えなければいけないことです。

こんもりと茂ったVラインに魅力を感じる男性もいますし、徹底的に処理して清潔感のあるVラインがお好みの男性もいますので、難しいところです。

すべて無くしてしまう方法(ハイジニーナ)もありますが、まずは形を小さくするところから始めてみてはいかがでしょうか

足の付け根にそって逆三角形を残したまま小さくするだけでも見た目はかなり変わります

女性らしさを目指すならなら、楕円形の卵型も可愛いですよ。


⇒Vラインの代表的な形はこちら

わたしも、脱毛エステに通い始めた最初の3回目くらいまでは、毛量を減らすことを目標にしていました。

毛量が減った自分を見て、どうせならもっと減らしてしまえー!と思って、今ではVラインはほぼ無毛です。

脱毛エステを卒業してから、脱毛したVラインにムダ毛が生えてくることはありませんが、残しておけば良かった…と思うことはありません。

脱毛サロンでは、ムダ毛を抜いてツルツルにするだけでなく、毛量を減らすこともできます。

アンダーヘアはしっかりとした毛ですので、毛量を3分の1くらい減らしても、見た目はあまり変わりません。

現在の半分程度まで減らすと、肌が透けて見えてかなり変わってくるはず。

また、毛量をあまり減らさなくてもこまめにカットすることで透け感をだすことができますが、これは少々面倒でもあります。

アンダーヘアのお手入れに時間をかけたくない方は、脱毛で毛量を減らすことを考えましょう。


☆VIO脱毛向けの脱毛サロンで毛量を減らしたい方⇒

☆VIO脱毛向けの脱毛サロンで男性好みの形にしたい方⇒

Vライン脱毛中のツルツル、チクチク

脱毛サロンで光脱毛を行う場合、Vラインをシェービングしなければいけません。

ツルツルを目指すのではなく最終的には毛量を減らすだけでOKな方でも、Vライン全体に光を当てるために全て剃る必要があるのです。

そのため、一時的にVラインヘアがなくなる、そして、チクチクと生えてくる過程を経ることになります。

パートナーに何も言わずに脱毛を始めてしまうと、この時期にビックリされることになりますのでご注意を!

なお、毛量を減らす必要はなく、サイドや上部を脱毛するだけで良い場合は、脱毛したいところを剃るだけで大丈夫です。

Vラインは、Iラインにつながっていて、Oラインへと続いているゾーンです。

ですので、Vライン脱毛をするなら、IラインとOラインをどうしたいのか?ハイジニーナにするのか?も、一緒に考えておきましょう。

Iライン、Oライン脱毛のオススメは、全て無くすことですが、IもOも脱毛するなら、この部位もシェービングを行う必要があります。

脱毛期間中はショーツの中の不快なチクチクを感じることもあると思いますが、、理想のVラインを手に入れるためにみんなが通る道ですので、頑張りましょう!

Vラインのムダ毛、普段からカットしていますか?

Oラインは綺麗に脱毛してしまって大丈夫。

普段からカットしている方なら、あまり汚れを気にすることもなかったかと思いますが、無毛にしてしまうことでウォシュレット効果も高まるような気がします。

これまでに、腕足、ワキなどいろいろな部分を脱毛してきましたが、Oラインを無毛にすることは、本当にオススメはできる脱毛のひとつです。

IラインOライン脱毛は必要?

ほんの数年前まで、Vラインの脱毛は行ってもIラインは放置…という女性が多かったのですが、近年では、VIOはワンセットという考え方が主流です。

その背景には、「ハイジニーナ」という考え方が日本人女性に浸透したから、と言われています。

ハイジニーナを行っている男女は「ハイジ女子」「ハイジ男子」と呼ばれ、自分がハイジニーナを行っていることを公言している芸能人もいますね。


Iラインの処理はどこまですればいいの?Iラインはツルツルにするべき?形は?思い切ってハイジニーナにするべき?毛量を減らすだけでいい?これらの答えは、脱毛サロンの経験豊富なスタッフに聞くのが1番良い解決方法です。

⇒ハイジニーナ脱毛の相談でおすすめの脱毛サロンまとめ

⇒女性のハイジニーナ(無毛)を男性はどう思っている?

Iライン脱毛の必要性

Iラインも、全て処理してしまって良いムダ毛のひとつ。
躊躇することなく脱毛してしまいましょう。

Vラインのムダ毛がなくなると見た目がスッキリするというメリットが大きいのですが、Iラインが無くなると、生理時や排尿後に清潔を保ちやすくなるという実用的なメリットがあります。

よく、アンダーヘアを脱毛すると生理時の不快感が少なくなると言いますが、この恩恵はVラインよりもOラインよりもIライン脱毛によるところが大きいと思います。

ショーツからはみ出さなくなるのも安心ですよね。
いつ見られてもOKという自信にもつながります。

そして、女性は自分のIラインをしっかりと見ることはあまり無いと思いますが、パートナーからは見える部位ですよね。

男性の女性に対する脱毛アンケートでも、Iラインのムダ毛が多いと残念に思うというコメントが多数寄せられていました。

<Oライン脱毛の必要性>
Oラインのムダ毛も一切必要ありません。ムダ毛とはよく言ったもので、本当にムダなだけ!
排泄物がつきやすくなりますし、Oラインのムダ毛についた汚れは、時間が経つと強い臭いを放つようになってしまいます。
Oラインにヘアがあった方が良いという男性もいないとは限りませんが、ご自分が脱毛したいと思うなら脱毛してしまいましょう。
Oラインはとても見えなくい部位なので、カットするのも大変です。怪我をする可能性もあります。
脱毛してしまった方が安心で爽快ですよ!



⇒ハイジニーナ・VIO脱毛向けの脱毛サロン選びとは?

アンダーヘアの脱毛にかかる期間

1年をワンクールとしている脱毛サロンも多いですが、アンダーヘアの脱毛には2年かかると考えておいた方が安心です。

なぜなら、アンダーヘアは太くてしっかりしたムダ毛が密集しているから。

脱毛にかかる期間は

・ムダ毛がの密度
・ムダ毛の範囲
・ムダ毛の量

主にこの3つによって大きく変わります。

アンダーへは、密度が高く、量が多く、範囲が広い部位!おまけに色素沈着を起こしやすいので、抜け落ちが悪いのです。

このため、アンダーヘアの脱毛には時間がかかってしまいます。

どんなに早く終わらせたいと思っても、今日から始めても2年かかってしまうんですよ。
そう思うと、迷っているヒマはない!今すぐ始めた方が良いと思いませんか?
本当にその通りなんですよ!

ハイジニーナ・VIO脱毛の始め方

アンダーヘアをなんとなく処理したいと思って、インターネットでいろいろ調べてみると、Vラインの大きさを決めないといけないとか、自分だけのことじゃないからよく考えないといけないとか、いろいろな意見があって迷ってしまいます。

Vライン脱毛をスムーズに始めるなら、脱毛サロンのカウンセリングに行くのがいちばんです。

カウンセリングに行くことのメリットをご紹介します。



⇒VIO脱毛向けの脱毛サロン選びとは?

プロの意見を聞くことができる

エステティシャンに相談することで、プロの意見を伺うことができます。プロが考えるハイジニーナ・VIO脱毛に対する見解を聞くことで、ご自分の考えがまとまると思いますよ。
おまけに女性同士なので、悩みを共有することもできます。

さまざまなヘアの形や量を見てきた人の意見を聞くことができる

アンダーヘアの形を決めないといけないと言われても、どの形が自分に似合うのか、どれくらいの量が最適なのかなんてわからないですよね!

エステティシャンに相談することで、こんな形がありますよーと提案してもらえるはずです。
ハイジニーナ(無毛)を検討している方も、VIOの形が決まっている方も、数々のVIO脱毛を施術しているプロの提案を聞いておいて損はないですよ。

<なんとなく不安>を解消できる

今あるアンダーヘアが無くなるわけですから、少なからず不安があると思います。
脱毛が初めてなら、なおのこと不安ですよね。

脱毛サロンに実際に足を運んで、店内の様子を見てエステティシャンのカウンセリングを受けることで不安は解消できます。

女性は強い生き物なので、自分の目で確認することで肝がすわるのかもしれませんね。

脱毛施術時の痛みを確認できる

施術の痛みを確認できるのは、大きいメリットです。
Vライン、Iライン、Oラインの脱毛は全身の中でも痛みが強い部位。痛みに我慢できずに継続を断念する方もまれにいるくらいです。

強い痛みを我慢する必要はありませんし、痛みの我慢は肌トラブルに繋がります。
ただ、痛みを避けるために光脱毛器の威力を弱めすぎると、今度は思ったような効果が得られないこともあります。

痛みと脱毛器出力のバランスはエステティシャンにお任せすることになりますので、実際に光を照射してもらうのは重要なことです。

ちなみに、特に痛いのはIライン!

脱毛の痛みは、よく輪ゴムではじかれた程度と例えられますが、Iラインに関してはもう少々痛みが強いように思います。

ただ範囲がそこまで広くないので、短時間で終わるのが救いです。

Oラインも同じく、光が照射されると身体がビクッとなるくらいの刺激を感じますが、範囲が狭いのであっという間に終わります。

脱毛サロンの様子がわかる

気になっている脱毛サロンがあったら、いくつでも足を運んでみてください。

地図で見たらまっすぐの道でも、実際に行ってみたらものすごい坂だったとか、ビルの外見は綺麗だったのに、中はカーテン1枚で仕切られた衛生的に不安のある脱毛サロンだった・・・なんてこともよくあります。

脱毛エステだからといって、全てのサロンが衛生的でお花が飾ってあって、アロマオイルがあって・・・というわけではありません。行ってみてわかることは本当に沢山ありますよ!

VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)向けの脱毛サロン選び

Iラインは残すべき?毛量を少なくして薄くする程度が良い?どのようなVIOが男性ウケするの?などなど、ハイジニーナ脱毛の相談をするなら絶対に脱毛サロンのスタッフです。今まで何百、何千の施術を経験していますからね。

ここでは、ハイジニーナの相談をするのに適切な脱毛サロンを紹介しています。

相談は無料カウンセリングで行えば、その名の通り無料です。
ですが、せっかく店舗に行くのなら、各サロンで行っている激安体験キャンペーンは受けてみるべきです。

ハイジニーナの自己処理は絶対におすすめしません。

例えばミュゼの場合は、ほぼ通年行っているキャンペーンを利用すれば、Vライン+ワキで100円です。これは1度だけの脱毛ではなく、ツルツルになるまで施術できます。

また、VIO脱毛をすべて行いたい場合は、TBCのVIOキャンペーンや、脱毛ラボのVIOを含む全身12箇所プランなら、月額1,980円の安さで脱毛できます。

エピレはVIOを集中的に脱毛したい方におすすめです。VIOラインの5カ所をたった5000円で2回試すことができます。

そして痛みにめっぽう弱い方や敏感肌の方は3歳の子供でも脱毛できるお肌にやさしいハイパースキン脱毛を採用するディオーネもおすすめです。


ミュゼプラチナムなら数百円でVライン脱毛ができる

たとえば、ミュゼプラチナムなら、両ワキとVラインを数百円で脱毛できます。(※該当のキャンペーン中の場合)

1回だけのトライアルではなく、自分が満足できるまで何回でも脱毛できるので、まさに脱毛を完了させることができます。

Vライン脱毛を体験したい方に本当にお得なキャンペーンです。

ミュゼでハイジニーナ(ハイジニーナ7というVIO脱毛のコース)を行うと、6回で72,000円です。
4回で48,000円というコースもありますが、恐らく4回では毛量が減ったかな?というくらいにはなりますが、自己処理が要らないくらいにはならないと思います。

※半額キャンペーン中の時はねらい目ですので以下をクリックして今月のキャンペーンをご覧ください。





月々2490円!脱毛ラボのVIOを含む全身12箇所プラン


脱毛ラボの新プランです。月々たった1,980円で、Vライン、Iライン、Oラインを含む、全身48カ所の中から、好きな箇所12箇所をチョイスして脱毛し放題です。
とにかく安価にハイジニーナの脱毛を行いたい方はおすすめです。




ハイジニーナ専門の「プリート」

プリートはハイジニーナ専門の脱毛サロンです。「脱毛範囲がかなり広い」「美しくナチュラルなビキニライン」「VIOのデザインがかなり豊富」という特徴があります。さすがハイジニーナ専門のサロンですね。現在、ハイジニーナお試し脱毛が5000円で行えるキャンペーン中です。




痛みに不安があるならディオーネ

脱毛の痛みが不安な方に、ディオーネをオススメしている情報サイトは本当に沢山ありますが、わたしもディオーネをオススメします。

ディオーネの脱毛マシンは、自分の子供のために開発されたもの。ですので、本気度が違うんです。
その仕上がりは、3才の子供でも脱毛できるくらい痛みや刺激が少ないものとなりました。

ハイジニーナコースも用意されています。

敏感肌すぎて他の脱毛サロンで施術を断られてしまった方でもOKなので、とにかく肌に優しい脱毛がしたい方にもディオーネはオススメです。



男性目線のVIO脱毛・ハイジニーナまとめ

これまでにご紹介した男性の意見をまとめると、

★何も処理していない状態はありえない
★ハイジニーナ(無毛)には抵抗がある

このふたつに尽きると思います。
ということは、普通くらいがちょうど良いということ?

VIOヘアの<普通>が難しいところですが、脱毛サロンのアンケートによると、男性に人気が高いVラインの形は大きめの逆三角形だそうです。

ナチュラルな逆三角形をそのまま少しだけ小さくしたような感じなので、ローライズの下着やビキニを着用するときには不安があるかも。

個人的には、それじゃ脱毛する意味ないよー!と思ってしまうのですが、女性のみなさんいかがでしょうか?

今回の記事は、男性パートナーの意見を取り入れつつ、より仲良くなれるようなハイジニーナ・VIO脱毛を考えることが目的でしたが、男性の声を調べてみて、個人的に感じたことは、「男性の意見はほどほどにきいておこう」でした。

男性の意見は理解できるのですが、賛成できない部分も多いんです。

特に、

・剃った方が良い
・ハイジニーナは海外の文化であって、日本人には合わないんじゃ?
・母親になったときになんて説明するつもりなのか?

このような意見を拝見して、脱毛している女性としては偏りを感じずにはいられませんでした。

→剃った方が良い
剃ることで女性の悩みが解決するのであれば、誰も高いお金を出して脱毛なんてしませんよね?
彼とのお泊りや、温泉・プールに行くたびに剃るのがどれだけ大変なのかわかっているのでしょうか?

剃ったあとのチクチクがどれだけ不快か、肌を傷つけるか、わかっていないからこその発言なのだと思います。

→ハイジニーナは海外の文化であって、日本人には合わないんじゃ?
たしかに、ハイジニーナはもともと海外の文化でしたが、良いと思ったものを取りれることに否定的になる必要はありません。

→母親になったときになんて説明するつもりなのか?
アンダーヘアから発展する男女の身体の違いの話を子供と行うことは、教育のひとつになるのではないでしょうか。特に日本人はこういった話を意識的に避けがちだと言われています。
全てをオープンにとは思いませんが、こういった教育を学校任せにする時代は終わりかけています。

嬉しいご意見もありました。

わたしが個人的に嬉しかったのが、本当に好きなパートナーには脱毛する必要なんてないと思っている男性も多いこと。

趣味嗜好もあるけど、それ以上にパートナーのありのままが好きだからアンダーヘアがどうであれ気にならないという意見を聞くと、女性としては嬉しくなってしまいますね!

年代によって常識とか、美意識の違いもあると思いますが、男性のご意見はそれはそれとして受け止めるとして、最後は自分の意思で決めましょうね。
招待のことを考えたうえで、どうしてもハイジニーナ(無毛)にしたいのであれば良いと思いますよ。

いずれにしても、全くお手入れをしないのはダメ。
最低でも、ショーツからはみ出るVラインサイドとVライン丈夫くらいは脱毛しておきましょう。

間違いなく、自分のためにもなりますよ!


Iラインの処理はどこまですればいいの?Iラインはツルツルにするべき?形は?思い切ってハイジニーナにするべき?毛量を減らすだけでいい?これらの答えは、脱毛サロンの経験豊富なスタッフに聞くのが1番良い解決方法です。

⇒ハイジニーナ脱毛の相談でおすすめの脱毛サロンまとめ

⇒女性のハイジニーナ(無毛)を男性はどう思っている?






※各脱毛サロンのVIO・ハイジニーナの料金、プランは変更になっている可能性があります。詳しい内容は必ず公式サイトでご確認ください。


PAGETOP