ムダ毛の毛抜きトラブルは使い方次第?毛抜きの正しい使い方

ムダ毛の毛抜きトラブルは使い方次第?毛抜きの正しい使い方
毛穴がボツボツする…、埋没毛が繰り返しできる…。
そんな毛穴の悩みは、もしかしたら毛抜きでムダ毛を処理しているためにおこるトラブルかもしれません。
ムダ毛の処理に毛抜きを使っている女性は多いはず。ですが、ネットの口コミでは
「毛抜きでムダ毛を抜くと毛穴が突起する」
「色素沈着が起こる」
「毛穴から出血する」
「埋没毛ができる」
「肌にダメージが起こる」
など、ネガティブな忠告がいっぱい書かれています。
これらの噂は本当なのでしょうか。

毛抜きトラブルと毛穴の悩みの関係、そして毛抜きの正しい使い方をご紹介します。
いろいろとマイナス情報が飛び交っている毛抜きですが、毛抜きでしかできないムダ毛処理もあります。
あまり怖がらなくても大丈夫ですよ!


もくじ



スポンサードリンク


毛抜きは肌に負担をかけるムダ毛処理

最初に知っておいていただきたいのは、毛抜きは肌にとって優しいムダ毛処理ではないということ。

毛抜きでムダ毛を抜くと、ムダ毛と一緒に皮膚も強く引っ張られます。皮膚の下では限界まで引っ張られたムダ毛が、もうこれ以上肌と繋がっていられないよ~!という状態になることで抜け落ちます。

当然、皮膚も同じように引っ張られてムダ毛と離れていきます。
つまり、ムダ毛と皮膚は無理やり引き剥がされているのです。当然、出血することもあります。

ムダ毛の方は抜け落ちたら終わりなので特に問題はありません。ムダ毛を毛抜きで抜くことによって影響があるのは皮膚の方です。

毛抜きを使うことによって起こるトラブルの原因をご紹介します。
毛抜きトラブルの原因を理解すれば、繰り返すトラブルを回避することができるはずです。


毛抜きを使うことによって起こるトラブルの原因

埋没毛ができる仕組み

無理やりムダ毛を引っ張られてダメージを受けた皮膚は、大慌てでダメージの修復にかかります。

ムダ毛が抜けたことで毛穴にぽっかり空いた穴を埋めなければ!と一生懸命修復作業に励むのです。

一方、毛穴の奥では新たなムダ毛が生まれて育ち始めます。
すくすくと育つ体毛と穴をふさごうとする皮膚。この相反する作用によって生まれるのが埋没毛です。

皮膚表面がふさがってもムダ毛は皮膚の中で育ち続けます。まっすぐ生えてくればまだマシなのですが、埋没毛は真横に向かって生えたりクルクルととぐろを巻いてしまうこともあります。

埋没毛はそれだけでもあまり良いものではないのですが、さらに困るのが埋没毛を取り除く行為です。

自分でどうにかしようとして、針で掘ってみたり毛抜きでグリグリしたことがある方もいらっしゃると思います。

もちろん、これ自体も良いことではないのですが、ムダ毛が深く埋まっているとついムキになってグリグリしてしまうことも。こうなってしまうと最悪で、埋没毛は取れても怪我をしたのと同じことに。

ここまで頑張っても埋没毛が抜けないこともあります。
傷ついた皮膚はさらに修復に励もうと頑張り、埋没毛も伸び続けます。
埋没毛はこういう悪循環によって生まれて、悪化していくのです。


毛穴のボツボツができる仕組み

毛穴のボツボツも、毛抜きで引っ張ることが原因です。
ムダ毛を毛抜きで引っ張ると皮膚も思い切り引っ張られます。これは毛抜きで引っ張ることで毛穴が突起するため。

ワキのムダ毛を毛抜きで抜いている方は要注意。ワキのムダ毛は太くて丈夫なので突起が起こりやすいのです。
これを繰り返すことで起こるのが次の色素沈着です。


色素沈着が起こる原因

わたしたちの皮膚は衣服との摩擦が起こるだけでも黒ずんでしまうことがあります。
それだけ敏感なのですから、毛抜きによって傷ついては治し傷ついては治し・・・を続ける皮膚にトラブルが起こらないわけはありません。

毛抜きでムダ毛を抜くと、そのたびに皮膚はプチ炎症を起こしています。
そこに雑菌が入ると化膿してニキビのようになることもあります。
これらの数々のトラブルによって毛穴が徐々に変色して黒ずんでしまうのです。

毛抜きによって起こる肌トラブルの代表「埋没毛」「毛穴のボツボツ」「黒ずみ・色素沈着」の原因をお話しました。
これらのトラブルを起こさないためには、ムダ毛処理を毛抜きでおこなわないことがイチバンなのですが、現実問題それは無理ですよね。
では、どうすればトラブルのない毛抜き処理ができるのでしょうか。

毛抜きは悪者?

毛抜きでのムダ毛処理に警鐘を鳴らす情報サイトは多いです。
毛抜きは、使い方によっては確かにトラブルになるのですが、かといってこれから先ずーっと毛抜きを使わないムダ毛処理ができますか?と言われたらちょっと厳しいのではないでしょうか。

脱毛が完了している人でも、毛抜きを持っている女性は多いです。
毛抜きは、今見えているムダ毛を瞬時に処理することができますし、眉の下や鼻の穴と鼻下ギリギリの部分など光脱毛ができないところの処理には本当に便利。

毛抜きを使わないムダ毛処理法を模索するよりも、毛抜きを使ってもトラブルにならない方法をしっかり実践していく方が現実的です。

トラブル知らずの毛抜きの使い方

毛抜きを使う前は、面倒でも使用部位を洗って清潔にします。
お風呂上りで肌が柔らかくなっているときがベストです。

いつも使っている毛抜き、たまには消毒していますか?使ったまま化粧道具ケースにしまいっぱなしにしていると、雑菌が繁殖してニキビに繋がってしまいますよ。

消毒の仕方は簡単です。沸騰したお湯に数分つけて煮沸消毒しても良いですし、除菌シートなどで拭って乾かすだけでも大丈夫。
ポイントはこまめに行うことです。

毛抜きを使ったら、しまう前に消毒することを習慣にするとトラブルが起こる確率がかなり下がりますよ。

ここまで準備ができたらあとは簡単です。
清潔な毛抜きで清潔にした部位のムダ毛を引っ張るだけ。
このときにできるだけムダ毛の根元をつまむようにすると、ムダ毛が途中で切れたり毛抜きの間をすり抜けてしまうトラブルを避けることができます。

毛抜き処理が終わったら、冷やしてあげると良いですよ。
冷やすことでプチ炎症をクールダウンさせて、開いた毛穴を速やかに閉じることができます。
アイスパックを当てても良いのですが、水で湿らせたコットンを2分程度のせておくだけでも大丈夫です。


痛みの少ない毛抜きの使い方

ちょっと手間がかかるのですが、毛抜きの痛みが苦手な方でも大丈夫な痛くない抜き方をご紹介します。
全く痛くないということはないのですが、普通に毛抜き処理を行うよりも痛くないはずですよ。

■準備するもの
・タオル
・毛抜き


痛くない毛抜きのやり方

1.蒸しタオルを作ります。
タオルを水で湿らせて固く絞ったらレンジで1分程度チンします。
温かみが足りないなら、10秒ずつ追加で加熱してください。※ヤケドに注意!

2.お風呂上りの清潔な肌に蒸しタオルをのせて毛穴を広げる。
1分程度で大丈夫ですが、もしこの間に蒸しタオルが冷めてきたら温めなおしてください。

3.毛抜きを持っていない方の手で皮膚を広げるようにしておさえます。

4.ムダ毛の流れに逆らわないように、毛抜きでムダ毛の根元を掴んで素早く引き抜きます。

痛みが強い部位は、温める時間を長くしてください。
毛抜き処理が終わったら水で湿らせたコットンなどでクールダウンさせて毛穴を冷やします。

蒸しタオルを使う手間があるので、毎日の処理は大変かもしれませんが、毛穴を最大まで開いてから毛抜きを使うことで、色素沈着や毛穴のボツボツトラブルもできにくくなります。

顔などのデリケートな部位の毛抜きや、どうしても痛い部位に試してみてください。


毛抜き処理が適している部位・適していない部位

毛抜きは、部位によっては積極的に使わないほうが良いこともあります。

鼻のムダ毛抜きはとにかく痛い!

毛抜きを使用する部位ナンバーワンは顔です。
顔のムダ毛で最も太いのは鼻毛、そして眉です。
鼻毛を毛抜きで抜くのは痛みからおすすめしません。専用のカッターを使いましょう。
「ノーズシェーバー」「エチケットカッター」などの名称で、女性用の製品も販売されています。


眉のムダ毛抜きはOK。トラブルに気をつけて

眉周辺は脱毛を断られてしまうことがあります。
家庭用脱毛器の使用も禁止されていますので、この部位のお手入れに毛抜きは欠かせません。
ただし、眉のように太いムダ毛はトラブルになりやすいので、眉のムダ毛処理を毛抜きで行うときには、前述の正しい毛抜きの使い方を行ってください。
まぶたの上のムダ毛を抜いて出血したことがある女性もいらっしゃるはず。この部位は皮膚がとても薄くひっぱられやすいので、無理やり抜くことは避けてください。


手の指・足の指

手足の指にムダ毛がある女性は魅力に欠けますよね。
ただし、この部位はカーブが大きいためシェービングが意外と難しいのです。それに、シェーバーよりも毛抜きの方が処理跡もキレイ。
痛みもあまり無いので毛抜きを使っても大丈夫ですが、お風呂上りの肌が柔らかくなった状態のときにまとめて行うようにしましょう。

腕・足は範囲の広さから毛抜き処理が難しい

腕・足はとにかく範囲が広いので、毛抜きで1本1本処理するのはとても大変です。
そのため、家電メーカーが製造販売しているソイエなどの電動毛抜きの購入を検討している女性も多いと思います。処理後の肌はツルツルとキレイになるのですが、予めムダ毛を数ミリ~1cm程度伸ばしておかないと、うまくムダ毛を掴むことができません。

さらに、これらの処理アイテムは、上手に使わないとムダ毛がまばらに残ってしまい、その結果、結局シェービング・・・ということに。

冬など、長袖&タイツの季節であってもムダ毛を処理するために伸ばさなければいけないなんて、本末転倒なのではないでしょうか。
絶対に使えないということではないのですが、痛みも強いので、新規購入はオススメしません。


VIOラインの毛抜き処理はトラブルになりやすい

ムダ毛が太いこのVIOラインの毛抜き処理は実はとても難しく、トラブルにもなりやすいです。1度でもやったことがある方は体験済みかと思いますが、この部位のムダ毛を処理すると毛穴ひとつひとつが真っ赤になって、熱を帯びたような状態になることもあります。

痛みが強く雑菌も入りやすいので、できれば毛抜きを使うことは避けて。
とはいえ、アンダーヘアをシェーバーで処理するとチクチクと不快になりますし、ショーツとの摩擦が自分でもなんとなく気になりますよね。

アンダーへアのムダ毛処理をしっかり行いたいなら、エステ脱毛を検討して下さい。
脱毛を始めるにはお金も時間も必要なので、簡単にはできないかもしれませんが、脱毛後の肌は本当にツルツルで、毛穴感もありません。

今抱えているムダ毛の悩みは一体何だったの?と思えるくらい本当にキレイになりますよ。

毛抜きと、ムダ毛処理部位の相性をご紹介しました。
次は、毛抜きの価格と効果の関係です。

毛抜きの抜け心地は価格に左右される?

毛抜きは、100円程度のものもありますが数千円するものもあります。
価格が高い毛抜きを使っている方の口コミを見ると

・産毛のような細い毛も1本から抜ける
・ムダ毛が途中で切れることが少ない
・掴んだムダ毛がほぼ確実に抜ける
・するする抜けるから効率が良い

など、やっぱりスゴい!という評判を見かけます。
その一方で

・まゆ毛くらいしか抜かないからコスパが悪い
・確かに抜けるけど、3,000円の毛抜きはやっぱり高い!
・値段のわりにデザインが・・・

などといった価格に対する価値の低さもチラホラ見かけます。

確かに3,000円の毛抜きはお高いように感じますが、買い換える頻度を考えてみると試してみる価値はあるかもしれません。
100円毛抜きとは全く使い心地が異なるはずですし、1回でしっかり抜けてくれるということは、それだけ肌への負担も少ないということになります。

格安毛抜きの特徴

こちらのお写真は、2本で数百円の激安毛抜きです。
2本で数百円の激安毛抜き

一見、普通の毛抜きに見えますが、ムダ毛を掴む部分を合わせてみると・・・
刃先がズレている毛抜き

普通に握っただけでは刃先がズレてしまいます。
これは激安毛抜きの特徴で、このタイプの毛抜きでは指の毛程度の太さのムダ毛でも抜くことができません。

安い毛抜きがダメで高ければ高いほど良いということではありませんが、安すぎる毛抜きは処理に時間がかかったり、ムキになって毛抜きを使ってしまうことで肌を傷つけることもあります。
気になる毛抜きがあったらぜひ試してみてください。
ムダ毛処理が楽しくなると思いますよ!


毛抜きの選び方

今、人気が高い毛抜きをご紹介します。
たかが毛抜きと思うなかれ!
毛抜き選びは肌トラブルを減らすことにも繋がるんですよ。

REGINE コスメティックツイーザー

スイス製の毛抜きです。
刃先だけではなく、面でムダ毛を掴むような設計になっているので皮膚表面から0.1mm程度しか伸びていないムダ毛でも抜くことができます。
価格は2,300円程度。

Solingen Niegeloh ツイーザー

名刀の産地であるドイツのゾーリンゲン、ニゲロ社開発のツイーザーです。
人間工学に基づいた設計になっているので、産毛のような細いムダ毛でもしっかりキャッチします。
価格は1,200円程度から。

ファンケル ツィザー(毛抜き)

先端が細くなっているので狙ったムダ毛を1本ずつ確実に抜くことができます。
800円というお財布に優しい価格で、その価格のわりに品質が高く、年月が経っても使い心地が変わらないという理由から多くの女性に愛されています。

毛抜きはドラッグストアでも販売されていますが、ネットなら鍛冶職人が作る毛抜きなども購入することができます。
中には10,000円程度もするものもありますが、見てみるだけでも面白いですよ!


脱毛期間中の毛抜きは本当にダメ?

光脱毛をやっている方は、エステティシャンに「脱毛期間中は毛抜き処理をしないで下さいね」と言われたことがあると思います。

なぜ毛抜きがダメなのかというと、それは光脱毛の仕組みによります。
脱毛の光は皮膚のメラニン色素に反応するように作られています。つまりムダ毛の黒さは脱毛に必要なものなのです。

ムダ毛を抜いてしまうと、光が反応できなくなり効果が半減してしまいます。

そして、ムダ毛抜きは毛周期にも影響してしまいます。
毛周期とは、ムダ毛が生まれてから抜け落ちるまでの期間のこと。

成長期・退行期・休止期の3つの過程があり、体の部位によって周期は異なります。
光脱毛は、成長期のムダ毛に照射することで効果が生まれます。

光脱毛の場合、成長期のムダ毛に光を当てるために2か月~3か月おきに照射することが望ましいのですが、この間にムダ毛抜きをしてしまうと毛周期が乱れて、脱毛に時間がかかってしまうことに。

これらの影響があるため、脱毛期間中のムダ毛抜きは避けるように指示があるのです。
ただし、絶対に毛抜きを使ったらダメというわけではないのです。
毛抜きを使った方が早く脱毛効果が現れる場合もあります。


脱毛中の毛抜きはOKな場合も?

脱毛後のムダ毛は光照射から1週間~10日程度で自然と抜け落ちるのですが、実は抜けるはずなのに毛穴に残っているムダ毛もあります。

これらはお風呂に入って体を洗ったときなど軽い摩擦がおきることでスルッと抜けることもあるのですが、こういう「既に抜けてもOKなムダ毛」は毛抜きで抜いても大丈夫なのです。

抜いても良いムダ毛とそうじゃないムダ毛は、毛抜きで軽くムダ毛を引っ張ってみると分かります。

抜いて良いムダ毛は本当にスルッと何の抵抗もなく抜けます。まだ脱毛効果が現れていないムダ毛は抵抗があって抜けません。こういうムダ毛を毛抜きで抜くのは絶対にダメです。

脱毛サロンによっては光照射後の抜け落ちをチェックするために毛抜きでムダ毛を軽く引っ張るところもあります。

1度やってみるとすぐに違いがわかると思いますよ。
ただ、これをやらなくても脱毛効果は数日で現れますので、無理はしないで下さいね。


毛抜きは上手に使えばとても便利なムダ毛処理ツール

毛抜きでのムダ毛処理は、数々のムダ毛処理の中でもトラブルになりやすいものであることは確か。毛抜き処理は少なからずリスクがあるということを忘れてはいけません。
ただ、毛抜きでしか得られない処理効果があるのも確か。

不思議なことに、ムダ毛の処理をし忘れたことに気がつくのは外出先であることが多くないですか?

職場のデスクでふと指のムダ毛に気がついたり、お手洗いで鏡を見たら眉の下に1本太めのムダ毛があったりとか。

外出先でムダ毛に気がついたときに毛抜きでサッと処理すれば「無かったこと」にできますし、サイズも小さいのでポーチに忍ばせておくのにピッタリです。

毛抜きは古くから使われているムダ毛処理ツールで、「梅蒔絵手箱」という国宝に指定されている化粧箱にも銀で作られた毛抜きが収められているほどです。この毛抜きが作られたのはなんと13世紀!
こんなに古くから愛されている道具でありながら、現在でも改良が行われているのです。

毛抜き処理のポイントである

1.清潔な毛抜きを清潔な肌に使うこと
2.なるべく毛穴を広げて処理すること
3.処理後は冷やして毛穴を締めること

この3つを守ればトラブルを避けることも可能です。
毛抜きは正しく使えば女性が綺麗になれるツールなので、あまり怖がらないで下さいね。

スポンサードリンク

PAGETOP