背中のムダ毛、本気で自己処理するベストな方法

背中のムダ毛、本気で自己処理するベストな方法
手が届きにくく自分では見ることができないのが背中のムダ毛。
カミソリや電気シェーバーでの処理はケガをする心配がありますし、処理モレが出る恐れもあります。

見えない部分に脱毛ワックスや脱毛クリームを塗るのも不安。
背中のムダ毛に悩む女性はどうやって処理しているのでしょうか?

本記事では、見えない部分だけに自信が持ちにくい背中のムダ毛処理を徹底的に解説します。


もくじ


背中のムダ毛を自己処理する方法はいくつかありますが、トラブルなくツルツルに仕上げる1番のお勧めは結局、以下の方法です。

⇒背中のムダ毛を安全に処理する唯一の方法



色々な背中のムダ毛自己処理方法

背中のムダ毛を処理する方法と、それぞれの処理についてのメリット・デメリットを見ていきましょう。

1.カミソリでの背中ムダ毛処理×
2.電動シェーバーでの背中ムダ毛処理×
3.脱毛ワックス・脱毛クリームでの背中ムダ毛処理
4.家庭用脱毛器での背中ムダ毛処理×
5.毛抜きでの背中ムダ毛処理×
6.背中専用シェーバーでの背中ムダ毛処理
7.背中を綺麗にツルツルにできる唯一の方法

※背中脱毛のムダ毛処理でのおすすめ度を◎○△×で表しています。


1.カミソリでの背中ムダ毛処理(×)

カミソリ自体とても安いものですし、コンビニでも購入することができます。お夕飯のお買い物ついでにスーパーの一角で購入することも可能ですよね。
そのため、カミソリはお小遣いでやりくりする中学生から大人の女性まで幅広く愛されています。

ここ数年のカミソリは、「カミソリ」という言い方がはばかられるくらい様々な機能がついていて、水でサッと濡らすだけでソープ無しで剃れるものもあります。

便利でいろいろと選べるカミソリですが、結論を言うと、背中の処理には向いていません。
といいますがカミソリは背中だけでなく全身のムダ毛処理に使ってほしくないですね。

皮膚を削っていますので、カミソリ負けはおきますし、繰り返すことで色素沈着で肌が汚くなってしまう可能性も大いに考えられます。

しかもカミソリはケガをする恐れがあるナンバーワン自己処理法なので、背中のように目視することができない部位の処理には特に適していないのです。

実際、いつも使っているT字カミソリで背中のムダ毛を剃ってケガをした経験のある女性は多いです。

思いつきで背中ムダ毛をカミソリ処理することは決してオススメしません。


2.電動シェーバーでの背中ムダ毛処理(×)

電動シェーバーはカミソリよりも安全と言われていますが、それでも背中のムダ毛処理には不向き

見えない部位に刃物を用いるという自己処理方法はカミソリと同じなので危険度はあまり変わらないのです。

特に顔用のI字シェーバーで背中ムダ毛を剃るのはやめて。I字は背中の凹凸にそわせることが難しいので、剃りモレができやすいのです。

どうしてもカミソリや電動シェーバーで背中のムダ毛を処理したい場合は、お友達やパートナーにやってもらいましょう。

相手を選ぶ処理方法ではありますが、ケガもなく、しかもすみずみまで綺麗に処理してもらえるはずですよ。


背中のムダ毛を自己処理する方法はいくつかありますが、トラブルなくツルツルに仕上げる1番のお勧めは結局、以下の方法です。

⇒背中のムダ毛を安全に処理する唯一の方法


3.脱毛ワックス・脱毛クリームでの背中ムダ毛処理(○)

脱毛ワックスと脱毛クリームは薬剤を使ってムダ毛を処理する方法です。

脱毛ワックスはムダ毛を根元から抜き去り、脱毛クリームは見えているムダ毛を溶かして処理します。

脱毛ワックスも脱毛クリームも肌表面のムダ毛を無くすことができるので、仕上がりはバツグン
手触りも最高です。

しかし、2つとも薬剤を使うので、どちらも背中ムダ毛を処理する際には細心の注意が必要です。

▼髪の毛に薬剤が絶対に付かないようにする(特に注意)
▼まばらにならないようにする(薬剤が肌に付着していない部位があるとまだらにムダ毛が残ってしまいます)

また、ワックス脱毛はムダ毛の流れとは逆に思い切りはがすことで効果を得ることができる処理方法でもありますので、部分的にムダ毛の流れが細かく異なる背中を自分でワックス脱毛するのは想像以上に大変です。

痛みが強いのもワックス脱毛ならではの特徴。
結果、痛いだけでムダ毛が抜けない(泣)なんてことにもなりかねません。

脱毛ワックスと脱毛クリームも、できれば信頼できる人にやってもらうのが1番良い方法ですね。
どうしても1人でやる場合は細心の注意を払ってくださいね。

☆おすすめの脱毛クリーム「パイナップル豆乳除毛クリーム」
pain

パイナップル豆乳除毛クリームは鈴木ハーブ研究所という日本のメーカーが製造販売している製品でムダ毛を分解しながら豆乳のフラボステロン効果で肌はツルツル。脱毛クリーム特有の匂いが少ないことで口コミで人気が高いです。

パイナップル豆乳除毛クリームのさらに詳しい情報は「鈴木ハーブ研究所」の公式サイトをご覧ください。



☆おすすめセルフワックス脱毛

☆ヒアルロン酸・コラーゲンが配合。刺激から守り、しっかり脱毛するブラジリアンワックスです。
⇒ビラビアンカシュガーワックス
☆デリケートなVIOも使える天然成分100%のブラジリアン脱毛ワックスです。
⇒BODYHONEE
※ブラジリアンワックス脱毛をプロにお願いしたい方はこのブラジリアンワックス専門サロンへ。
⇒ANGELICA



4.家庭用脱毛器での背中ムダ毛処理(×)

フラッシュ脱毛器では「ケノン」、レーザー脱毛器では「トリア」に代表される家庭用脱毛器。自分の部屋で全身の脱毛に使えるというのがこれらの特徴ですが、背中の脱毛に向いているのかと言われたら、ちょっと疑問です。

家庭用脱毛器で背中のムダ毛が抜けないということではないのです。
では何が疑問なのかというと、脱毛前のシェービングです。

ケノンもトリアもどちらの家庭用脱毛器でも同じなのですが、家庭用脱毛器を使う場合は使用前に脱毛部位のムダ毛を1mm程度に揃えておく必要があります。毛抜きを使うことはご法度。カミソリか電動シェーバーで処理しておかないといけません。

前述のとおり、カミソリ・電動シェーバーは背中のムダ毛処理には適していません
そのため、絶対にムダ毛を剃っておく必要がある家庭用脱毛器は背中の脱毛にはやや不向きなのです。

家庭用脱毛器の下準備である「剃る」ということをどなたかにやってもらえるなら家庭用脱毛器を使うことは可能です。

背中の脱毛も視野に入れて家庭用脱毛器を購入するなら、トリアのようなレーザー脱毛器ではなく、ケノンのようなフラッシュ脱毛器を購入しましょう。

ケノンの照射口は最大2.5cm×3.7cmとかなり大きいので、背中のような範囲が広い部位でもサクサクと処理することができるのですが、トリアの照射口は1cm四方。

たった1cm四方しかない照射口で背中の脱毛をやろうと思ったらとてつもない時間がかかることは簡単に想像できるのではないでしょうか。

半永久的にムダ毛を生えてこない状態にすることができる家庭用脱毛器。

絶対に背中脱毛に使わないで!・・・というわけではないですが、ちょっと大変かもよ?というのが家庭用脱毛器での背中ムダ毛処理です。


5.毛抜きでの背中ムダ毛処理(×)

1本1本ムダ毛を抜くタイプのオーソドックスな毛抜きで背中のムダ毛を全て処理したいという女性はまずいないと思います。
鏡を見ながら、毛抜きで処理するのにいったいどれくらいの時間、手間がかかるのでしょうか?

それ以外の理由でも毛抜きはおすすめできません。
毛抜きは毛穴が開きっぱなしになったり、埋没毛になったり、かなりリスクの高いムダ毛処理方法です。



6.背中専用シェーバーでの背中ムダ毛処理(△)

背中専用のシェーバーというものが市販されています。
普通の電動シェーバーに長い柄がついているような形になっているので、手が届きにくいところまでしっかりと剃ることができるようです。

ただこちら、価格があまりお安くなく5,000円程度するものもあります。

この価格をクリアできるのであれば問題ありませんが、ベストと言える方法ではありません。


背中トラブルとムダ毛処理

一般的な自己処理と背中のムダ毛処理の相性をご紹介しましたが、残念なことに「これがいちばんオススメ!」という方法は無いという結果になってしまいました。

正直、自信を持ってこれはオススメできます!という自己処理方法はありません。
背中という見えない部位を自分で処理するのはそれくらい大変なことなのです。

オマケに、背中にはニキビという敵もいます。
背中ニキビの原因となるものは
・シャンプー、トリートメントの付着
・衣服による摩擦
・汗
・過剰な皮脂
・乾燥
・ストレス

などなど。
背中ニキビがある状態でシェービングしてしまうとニキビが傷ついて出血、さらなる化膿に繋がってしまいます。脱毛ワックスなどの薬剤の付着も、にきびを悪化させる原因になります。

背中にトラブルがあるときは無理して自己処理しようとせず、にきびを治すことを先に考えて下さいね。

軽度の背中ニキビであれば、保湿をしっかり行うだけでも改善されることがあります。

背中に絶えずニキビができてしまい、化膿して破裂する状態が続く方は、1度皮膚科に相談してみて下さい。
背中に大きく赤いニキビができて黄色ニキビに進行してしまう原因は細菌感染であることが多いです。
この状態が慢性化している場合、自分でなんとかするのはとても難しく、間違った知識によって悪化させてしまうこともあります。

ボディソープを無添加のものに変える、タオルでゴシゴシこすることをやめて刺激を減らす、タオルに洗剤成分が残らないように洗濯するなど、自分で気をつけられることもありますが、まずは医療機関で適切な処置をしてもらってください。


背中ムダ毛処理に最適な方法はサロンでの脱毛

背中のムダ毛を安全に、そしてツルツル、スベスベに美しく処理する唯一の方法はプロによる脱毛サロンの光脱毛とクリニックの「レーザー脱毛」です。

背中のムダ毛を自己処理で考えていたのにサロン?
と、少々戸惑うかもしれませんが、キレイに確実に仕上げるなら脱毛サロンです。

ほとんどのサロンが特定の部位や初回だけ0円などのキャンペーンをやっているので、背中のムダ毛を自己処理で考えていた方も、試してみる価値は絶対にあります。


サロンでの背中脱毛にかかる費用

ちょっとガッカリしてしまうかもしれませんが、背中の脱毛は決してお安くはありません。(※月額制の脱毛ラボなど一部のサロンはとても安く背中の脱毛を行うことができます。)

大手脱毛サロンの背中脱毛価格を見ていきましょう。

背中もOK!脱毛ラボの月額「2490円」の激安コース

脱毛ラボの全身脱毛は、月々1,980円の月額制で、背中上、背中下、左右ヒップを含む全身の48カ所(そのうち12箇所をチョイス)を脱毛することができます。また、月額3,980円のコースは12箇所だけでなく、すべての箇所(全身48カ所)の脱毛がし放題になります。

月額制なので、いつでもやめれる手軽さがいいですね。

キャンペーン月によっては初月(もしくは数か月分)が0円になるときもあるので、そのようなタイミングを逃さないようにするとお得です。

脱毛ラボの全身脱毛。今月のキャンペーンや無料カウンセリングの詳細を確認する


ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムの背中脱毛は背中(上)背中(下)に分かれています。その下に腰がありヒップに続きます。

体の背面を全て綺麗にしたいなら、背中(上)、背中(下)、腰、ヒップの脱毛を行う必要があります。

ミュゼの脱毛料金はLパーツ、Sパーツに分かれており、背中(上)、背中(下)、ヒップはLパーツ、腰はSパーツに入ります。
Lパーツは4回で24,000円、Sパーツは4回で12,000円になります。

つまり、
背中(上):24,000円
背中(下):24,000円
ヒップ:24,000円
腰:12,000円
合計:84,000円
(半額キャンペーン中なら42,000円)

4回の光照射では脱毛効果を実感することができても、自己処理がいらない状態になるにはまだまだ。

6回脱毛するとしたら126,000円になってしまいます。(半額キャンペーン中なら63,000円)

ただ、半額キャンペーンなど通年を通して割引キャンペーンを行っている場合も多いので、そのようなときに申し込んでおくと良いかと思います。

まずは、ミュゼの場合、月のキャンペーン内容によって違うのですが、「ワキ脱毛」もしくは「ワキ+Vライン」が100円で何度でも通えるキャンペーンを実施していますので、それから判断してみると良いかと思います。

ミュゼの今月のキャンペーンや全身脱毛の価格を公式サイトで確認する



エピレ

エステティックTBCプロデュースの脱毛サロンエピレも、パーツごとにSサイズLサイズが決められています。
背中(上)、背中(下)、ヒップ周りは全てLパーツになります。
価格は契約回数によって変わります。

4回:17,600円(Sパーツ1回無料付き)×3部位=52,800円
6回:26,400円(Sパーツ1回無料付き)×3部位=79,200円
8回:33,200円(Sパーツ2回無料付き)×3部位=99,600円

こちらも背中だけの脱毛だったらなんとかできそうな金額ですが、他の部位と合わせて脱毛したいならちょっと覚悟が必要になりそうな金額です。

背中の脱毛にかかる金額が決してお安くはないということをご理解いただけたかと思います。
自宅での自己処理もあまり向いていない背中のムダ毛処理、脱毛サロンでの価格はちょっとお高め。

一体すればいいのー!という叫びが聞こえてきそうですが、そんな中で唯一と言っていいほど背中の脱毛に適した方法があることをご存知でしょうか。


光脱毛で背中のムダ毛処理

脱毛サロンの光脱毛で背中ムダ毛を処理する方法をご紹介します。

まずは脱毛サロンに通うペースです。
光脱毛は毛周期にそって行います。

ですので、光脱毛に通うペースは2ヶ月~3ヶ月に1度。他の部位なら事前にシェービングをしてから来店するのが普通ですが、背中の場合はこの自己処理が要らないので、予約した日にただ行くだけでOKです。

脱毛サロンで個室に入ったら用意されているエステガウンに着替えます。
来店時の服装は自由ですが、夏場にタンクトップやキャミソール1枚で行くのはやめておきましょう。

脱毛前に日に当たりすぎたり、脱毛後の日焼けを避けるためです。

個室に入って準備が整ったらうつ伏せに寝た状態でエステティシャンを待ちます。
あとはエステティシャンにお任せでOK。
ジェルを塗って光を適切な強さで照射してもらえます。

光照射が終わったら冷たいタオルなどで冷やしてクールダウンして完了です。
次回予約を取ってお店を出ましょう。


サロンでの背中脱毛の痛み

キレイモ」、「ディオーネ」など痛みが少ない脱毛サロンはありますが、全く痛くない光脱毛はありえないと言われています。

痛みに個人差はありますが、一般的に皮膚が敏感でムダ毛が太くて濃い部位は痛みが強いです。痛いことで代表的な部位はVIOラインの脱毛。この部位は全身の中でいちばん痛みがあります。

一方背中ですが、濃いムダ毛が少ないわりには、痛みというか刺激が強いです。
オマケに範囲が広いので、刺激が長い時間続いてしまいます。

絶えられないほどではないですが、最初の数回はちょっと我慢が必要です。
脱毛は、回数を重ねてムダ毛が減ってくると同時に痛みも減らすことができます。
脱毛の光は黒いものに反応するように作られていて、この「反応」が私たちの体に刺激となって伝わるのです。

ですので、黒い毛が減れば減るほど刺激がなくなります。
これはどの部位でも同じ。範囲が広い背中ですが、最初の3回程度を我慢すればあとは楽勝です!


背中脱毛でサロンに通う期間と回数

光脱毛は3回目くらいでムダ毛が減ってきたことを実感できて、4回で自己処理がラクになって、6回~8回で定期的な自己処理が不要になると言われています。

毛量が多い方などは完全に脱毛を完了させるために12回程度の光照射が必要なこともあります。

3ヶ月おきに脱毛サロンに通うとなると、8回こなすなら2年かかることになります。
今すぐ背中脱毛を始めても終わるのが2年後と考えるとちょっと長く感じますが、だからこそ、今すぐ始める必要があるのが背中脱毛なのです。

脱毛サロンなら事前のシェービングは不要

ワキや足などの脱毛を行う際は、ムダ毛を自分で1mm程度に剃っておく必要があります。
剃ることを忘れていたり剃りモレがあると、シェービング代が別途かかってしまったり最悪の場合、脱毛を断られてしまうことがあります。
脱毛の下準備とも言えるこのシェービングですが、背中脱毛の場合はやらなくてもOKです。
脱毛サロンが背中のシェービングをやらなくてもOKとしている理由は危険だから。
やはり、プロの視点で見ても背中のセルフシェービングは危険なのです。


背中のムダ毛は生え方に特徴がある

腕やひざ下などのムダ毛は誰にでも満遍なく生える傾向がありますが、背中のムダ毛は生えやすいところとそうでないところにかなり大きな個人差があるようです。

背中は上部、中部、下部に分けられますが、一般的にムダ毛が生えやすいのは上部。パッと見ムダ毛が見られなくても、肩の後ろあたりから肩甲骨の下あたりに細かい産毛がしっかり生えていることがあります。

背骨にそって少し黒みのある産毛が生える場合もあります。
腰からお尻にかけてしっかりとしたムダ毛が生えることが悩みの女性もいるようです。

ムダ毛の流れも部分的に異なります。
背中上部は首の下から肩にそって横向きに生える傾向があり、背骨周りは下に向かって生えます。

肩甲骨の内側は背骨に向かって流れがあり、腰周りはクルクルと円を描くように生えてきます。

このように、背中のムダ毛は生え方に人それぞれの特徴があり、悩みもそれぞれ。

今まで自分の背中のムダ毛をしっかり見たことが無い!という方は、自分の背中ムダ毛をチェックしてみましょう。


背中のムダ毛をセルフチェックする方法

自分の背中にどれくらいムダ毛が生えているのかチェックしてみましょう。

背中のムダ毛をチェックする方法は大きくわけてふたつ。セルフチェックとパートナーや家族に見てもらう方法です。

セルフチェックのやり方は簡単です。
姿見に背中を映して手鏡の角度を変えながら細かく見ていくだけです。

腰やお尻は直接目でチェックして、背骨のあたりは姿見に近づいてしっかり見ていきます。

パートナーや家族に見てもらう場合は、あえて厳しい意見をもらうのがコツ。特に男性は女性のムダ毛の悩みに対して「それくらい気にしなくて良いのに~」という大らかさがあることも。いつもよりも2割り増しくらい厳しくチェックしてもらってください。

背中ムダ毛の確認が終わったところで、背中のムダ毛処理にはどのようなものがあるのか、ひとつずつ解説していきます。

女性というだけでムダ毛と戦わないといけないのはとても大変なことですが、綺麗になるための努力は全て自分のためになるはずですよ。

背中のムダ毛処理はウェディングドレスのときで良い?
背中のムダ毛処理を実行に移した方の口コミを見ると、そのきっかけは「背中の開いたウェディングドレスを綺麗に着たかったから」というものであることが多いです。
その次に目に留まるのは、電車などで同性のうなじを見て「自分もこれくらいムダ毛があるのかも…と心配になったから」

結婚式のタイミングでのムダ毛処理でも遅いことはないのですが、今の状態ではウェディングドレスを綺麗に着られないということは、普段はどうなのでしょうか?
肌見せに自信がありますか?
チェックしてみて自信が持てなさそうなら、結婚式を待たずにムダ毛処理を開始した方が良いかもしれません。


背中ムダ毛処理の結論

背中のムダ毛を自分で処理することは不可能ではないですが、ベストな方法はありません。
ムダ毛は脱毛しない限り無限に生えてきます。ですので、継続できるやり方で処理できないとどんなやり方を行ったとしてもまた必ず不満がでてきてしまいます。
やり方を間違えると、肌を傷つけることもあります。

年齢的、経済的にまだ脱毛サロンに通う準備整ってない方が一時的な処理として電動シェーバーを用いるのはとても良い方法だと思います。そして、それ以外の自己処理方法は最初からやらない方が良いかもしれません。

カミソリをサッと走らせるだけでも産毛がゴッソリ取れるのが未処理の背中。「わたしの背中ってこんなに毛が生えてたの??」とビックリするかもしれませんが、だからといってカミソリ処理を繰り返していると、だんだんとムダ毛がたくましくなってしまいますよ!

背中は自分の目で確認することができませんし、手が届く部位でもありません。
背中のムダ毛処理は脱毛エステティシャンなどの専門家にお任せした方が安心です。

そして、背中脱毛は単品価格がお高めなので、合わせて全身脱毛をご検討なさることをオススメします。脱毛は、部位脱毛を繰り返すことが最も非効率なやり方です。時間もお金もかかってしまう結果になりますので、よく検討して下さいね。

背中の自己処理を絶対にしないで下さいとは言いませんが、怪我のないように十分に注意しながら行ってください。


背中のムダ毛を自己処理する方法はいくつかありますが、トラブルなくツルツルに仕上げる1番のお勧めは結局、以下の方法です。

⇒背中のムダ毛を安全に処理する唯一の方法




※各脱毛サロンのコース内容や料金は変更になっている可能性があるので必ず公式サイトでご確認ください。

PAGETOP